2012年08月26日

思い遣り理論

みなさん、



「思い遣り(おもいやり)」



について考えたことはありますか?



一般的な辞書に書いてあるような意味だと、



・他人の身の上に心を配る



・相手の心情を考える



などですが、



実際の生活では、



思いやりを持って何かしたのに、



相手には余計なおせっかいだったりすることもあります。



ここで、注目していただきたいのが、



「思いやり」



ではなく



「思い遣り」



ということです。



ようするに、



「思い」







「遣る(やる)」



ことが思い遣りです。



「遣る」



というのは遣わすことです。



昔、「遣隋使」や「遣唐使」などありましたし、



現代では「派遣社員」という言葉もあります。



「遣る」



ということは、



相手の心に自分の思い(心)を遣わして、



相手の立場に立って考えることなのです。



つまり、



自分が考える相手に対する優しさではなく、



相手が考える相手にとっての優しさを与えることが、



「思い遣り」



なのです。



例えば、



自分は落ち込んだ時は、励まして欲しい。



だから



友達が落ち込んでいたら励ましてあげる。



このままでは、



「思い遣り」



になっていないのです。



本当に、その友達は励ましてもらうことを望んでいるのでしょうか?



もしかしたら、



とてもプライドか高く、友達に励まされると、



同情されていると感じてプライドを傷つけるかもしれません。



放っておいてあげたほうが喜ぶかもしれません。



相手の心に、自分の心を遣わし、



相手の立場に立ってこそ、



初めて『思い遣り』なのです。



そう考えると、



思い遣りを持って人と接するには修行が必要ですね!



でも、



本当の思い遣りを持てるようになったとき、



自分も自分の周りも、



幸せがいっぱいに溢れていることでしょう!





















































評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 15:02 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。