2015年08月20日

心機一転!



こんにちは!
SG予備学院です!



前回の更新より、時間がたってしまいましたが
また、高校生の皆さんのお役にたつべく
更新をしていきたいと思います!



今回のテーマは
「夏の過ごし方を振り返る」です。



夏休みも残すところあと少し
皆さんはどんな夏休みを過ごしましたか?


SG予備学院では現在、夏期講習を行っており


特に高校3年生は、講習だけでなく自習室にきて自学習の毎日です

だんだんと受験生の顔になってきているとおもいます



1・2年生皆さんはいかがですか?

学校の宿題やSGでの通常授業に加え夏期講習を受けてみて
いつもと違った雰囲気を知った人も多いと思います



さて、そこでですが
皆さんはこの夏で何を一番頑張りましたか?

何を得ることが出来ましたか?


勉強面においては、それが「基礎学力」であって欲しいと思います


これは受験生に限らず、基礎基本をいかに大事に出来るかで
その後の成長幅が俄然違うのです


夏休みもあと少し
今までの所をもう一度復習して
やりきった夏としましょう♪


3年生は、来月頭に第二回全国公開模試(記述)があります

締め切りは、8月30日(日)です
申込みを忘れずにしましょう♪


では、また!


posted by SG予備学院 at 13:59 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

求めるより、求められよ!

先日、ある分野で大成功されている人の話しの中に、



「求めるのではなく、求められるようになる。」



というお話しがありました。



例えば、



自分がどうしても会いたい有名人がいるとします。



普通の人は、



自分の「会いたい」という気持ちが中心なので、



いろんな人にその有名人を紹介してもらえるようにお願いしたりするでしょう。



しかし、その成功者の方は、



「その有名人から自分に会いたい!」



と思われるにはどうしたらいいだろうと考えるそうです。



そして、そのための努力を重ねていると、



かなりの確率で相手から会いたいと言われて、



結果、自分の会いたい人に会えるそうです。



この考え方って、



受験でも応用できませんか?



みなさんは、



「○○大学に入りたい!」



と志望校合格を求めて、



日々勉強していることと思います。



「○○大学から入って欲しいって言われる高校生になろう!」



という発想で勉強している人は少ないのではないでしょうか?



この考え方は、



特にAO入試や公募推薦などで有効だと思います。



多くの受験生は、



自分が合格したい、入りたい、



という『求める』ことが中心です。



その状態で面接や論文で自分の思っていることを発信するわけです。



おそらく、試験官側からすると、



みんな同じに見えるのではないでしょうか?



そんな中、



「この生徒を合格させたい!」



「ぜひ、うちの大学に入って欲しい!」



って思われるにはどうしたらいいか?



という『求められる人になるには』という視点で



対策を練る人がいたらどうでしょう?



しっかり、大学のことを調べれば、



大学のビジョンやカラー、



求める人材像がわかってくるはずです。



つまり、大学側や試験官側の気持ちになって、



面接や論文で自分の意見を発信している人がいれば、



そりゃ強いですよね!



でも、これは受験だけではなく、



その先の就職活動でも非常に役に立つはずです。



多くの求職者は、



その会社が自分に何をしてくれるのかを考えます。



会社の規模や製品、市場シェアに魅力を感じ、



そこに勤めたいと思うわけです。



でも、これって、



『求めている』状態ですよね?



企業から、



「なんとしてもうちの会社に入って欲しい!」



と思ってもらうための視点が欠けているわけです。



不況だから就職が厳しいように言われますが、



そんな中、何社からも



「うちに入社してください」



と内定をもらっている人もいます。



『求める人材』



ではなく、



『求められる人材』



なのでしょうね!!



恋愛も同じですよね?



「付き合いたい、付き合いたい。」



だけだから上手くいかないのではないでしょうか?



どうしたら、自分の好きな人から



「付き合いたい。」



と言ってもらえるかという視点があったほうが



成功する確率は上がりますよね?



シンプルに考えてください、



みなさんは、



自分の要求ばかり言ってくる人と、



みなさんの要求を満たそうとしてくれる人と、



どちらの人とご縁を持ちたいですか?



答えは決まってますよね!



じゃあ、私たちがそういう人になれば良いだけですよね!



今までとは違った発想で、



成功への戦略を考えてみてはいかかでしょうか?



























評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 20:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

新しい発想を

みなさんは、



自分の頭は柔軟だと思いますか?



あるメルマガにこんなことが書いてありました。



童話『うさぎとカメ』という話しは、



足が速いうさぎと、



のろまなカメが競争をして、



足の速いうさぎは油断して途中で昼寝をしてしまい、



サボらずにコツコツ頑張ったカメがうさぎに勝利するという話しですよね。



教訓としては、



「コツコツ頑張った人が最後には勝つ!」



みたいなことですよね!?



そのメルマガには、



カメが居眠りしているうさぎをそのままにして



自分だけが勝利を目指すのではなくて、



居眠りしているうさぎを起こしてあげて、



うさぎはカメの優しさに心打たれ、



「くだらない争いを止めて仲良しになる」



という結末でもいいのではないか?



というような内容でした。



そのメルマガを読んでいて、



これからの時代はこういう発想も大切だなあと感じました。



なぜなら、



これからの日本は、



従来の思考パターンだけでは対応できない時代になっているからです。



例えば、『結婚』



江戸時代まで遡れば、



当時の日本には士農工商とい身分制度があり、



農民は農民の子と結婚し、



武士の娘は武士の家に嫁ぎというように、



自分の好きな人と自由に結婚することはできませんでした。



同じ身分同士の結婚においても、



当人同士の意思というより、



家同士の関係や親の意向なども大きく影響していたようです。



ですから、なかなか相手が見つからなくても、



親がお見合いをセッティングして縁を結んでいたようです。



自由に結婚ができない代わりに、



結婚できないということが現代より少なかったのではないでしょうか?



『就職』についても同じで、



昔は子供は親の職業を継ぐのが一般的だったので、



自分で好きな職業に就くことが許されなかった反面、



現代のように就職先が見つからず困るといったことも少なかったでしょう。



つまり、自由と引き換えに、



自己責任の割合が大きくなったということでしょう。



これからの日本は国際化の波に飲み込まれていきます。



日本の税制や円高、人口の減少、人件費の高騰などで、



企業はどんどん国外に生産拠点を移しています。



頑張っていい大学に行けば、



安定した大企業に就職できて、



老後まで心配なく働けるといった時代ではなくなりました。



従来の発想では通用しない場面も出てくるでしょう。



そんなときに、



『うさぎとカメが仲良くなる展開』



のような、



自分なりのハッピーエンドを描くことも重要なのではないでしょうか?



もしかしたら、



居眠りを起こしてもらったうさぎは、



カメに感謝することなく、



さっさとゴールして、



カメに「あっかんべ〜」をするかもしれません。



ただ、自分なりに自由に幸せな未来を描く



柔軟な想像力は持っていたいですね。





































評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です


posted by SG予備学院 at 13:26 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。