2015年09月27日

大学をどう選ぶべきか?





こんにちは!
SG予備学院です!


9月も終わりに入り、だいぶ涼しくなって来ましたね。

さて、皆さんはSG予備学院に通っている以上
大学進学を目標としているわけですが

どうやって、志望校(学部・学科)をきめましたか?


つきたい仕事に関係があるからでしょうか?
興味のある分野が学べるからでしょうか?


今日のテーマは
「大学をどう選ぶべきか?」
です。

まずは、以下の記事をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーー

人文社会系だけじゃない!? 理工系大学にも産業界とギャップ
筆者:渡辺敦司


文部科学省が国立大学に対して、教員養成系や人文社会科学系の学部・大学院の廃止・転換を通知したことが大きな話題となり、日本学術会議が批判声明を出すに至ったことは、このコーナーでも紹介してきました。
ただし、同通知をめぐっては、一律に国立大学の文系学部を廃止しようとか、教員養成は私学でやればよいとかいうことを意図したものでは決してありません。

(中略)

IT(情報技術)系などのように「企業における現在の業務で重要だが、大学で学ぶ必要がない専門分野」が多く設置されていたり、必ずしも教育ニーズが高くない分野に多くの研究者が所属していたりする実態があるというのが、産業界の認識です。理工系においてすら、産業界のニーズと、大学での人材育成が、必ずしもピタリと一致しているわけではないのです。

もちろん、大学は産業界だけのためにあるわけではないため、最先端の研究を行うべき大学が「企業の現在業務の求める技術とギャップがあるのは当然」(資料)なのですが、「産業界の将来のニーズ」と「大学教育との間のミスマッチがないように」(同)する余地はまだまだあるというわけです。国立大学に限った調査ではありませんが、大学側の実態は国公私立を問わないものと見られます。

ここから、何が浮き彫りになるのでしょう。大学の役割には教育と研究の両面があり、もちろん研究も重要だけれども、だからといって教育、もっと言えば大学卒業後に就職をするための教育をおろそかにしてはいけないということです。

もちろん大学で学ぶ専門分野と、就職先を完全に直結させる必要はありません。ある分野を深く学ぶことを通じて、ほかの分野にも活用できる能力が身に付くことはありますし、それこそが高度な学問を学ぶ大学の意義でもあります。しかし、いま問われているのは、大学教育は、本当にほかの分野にも転嫁できるような汎用的能力を身に付けさせているのか、ということなのです。

(教育新聞より一部抜粋)


ーーーーーーーーーーーーーーー


いかがでしたか?

日本での大学進学率は高いものですが
大学で学ぶと言うことは

何故学ぶのか?その理由は何か?
何を学ぶのか?学びたいのか?

をきちんと明確にしなければ
その先の社会に出たときに、大学進学をした意味が無くなってしまいかねないのです。


目標を掲げて、それに対しての大学選び(学部・学科選び)をしましょう!

では、また!


posted by SG予備学院 at 17:08 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

面白く好きになったもの勝ち!?

こんにちは!
SG予備学院です!


台風が近づいており、天気が悪く外出かな少し億劫になりますね。



SG予備学院では、夏期講習が無事に終了しました。


3年生の皆さんは、いくつか模試を受験している最中ですね。

9月6日(日)
9月13日(日)
に、校舎で行う全国統一模試(記述)もあります。


思う存分、夏の勉強成果を出して下さい♪




さて、今日のテーマは
「面白く好きになったもの勝ち!?」です。


まずは以下の記事をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーー


16歳の少年、23カ国語をあやつる!

 ニューヨーク在住の16歳の少年ティモシー君は、アラビア語から日本語、スワヒリ語まで23カ国語を独学であやつると、マイナビウーマンで紹介されていました。

 その中でもティモシー君が最初に学んだ外国語はヘブライ語であり、好きなイスラエルのダンスミュージックの歌詞を理解しながら楽しみたいと思ったことがきっかけだそうです。

 このことに関して、心理学研究者のフランソワ・グロスジャンは「人は必要性があれば、その言葉を覚える。それは子供でも大人でも同じこと」と言っています。

 ティモシー君も好きなイスラエル音楽の歌詞を理解したいという「必要な理由」があったから、ヘブライ語を習得できたのでしょう。

 例えば私たちに身近な英語も「勉強」と捉えるとなかなかやる気が出ず、成果も現れにくいかもしれませんが、自分なりの「必要性」を見つければモチベーションも成果も変わるかもしれません。


(教育新聞より一部抜粋)


ーーーーーーーーーーーー


いかがでしたか?


23か国語と言う数にも驚きですが
それ以上に、動機によってこんなにも知識の吸収は出来るものなのですね!


確かに、興味あること
趣味のマニアックな知識なんかについては勉強ほど苦労せずに覚えられますものね(*´-`)


興味をもつそのきっかけがなにかあれば、皆さんの学力ももっと開花しますね!


ロゴや駄洒落で覚えるのも
そこに少しでも楽しさがあるからなのでしょう。



勉強中は受験だけでなく一生続くものなので
少しでも楽しく気長に付き合いたいものですね♪


では、また!

posted by SG予備学院 at 13:36 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

新学期に向けて思うこと



こんにちは!
SG 予備学院です!


もうすぐ夏休みも終わりますね。

今日は、「新学期に向けて思うこと」
について、お話をしたいと思います。



まずは、以下の記事をご覧下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


9月1日の自殺が突出 「生きるために逃げて」と専門家

教育新聞 2015年8月24日号掲載

 年間で子どもの自殺が一番多いのは夏休み明け――。内閣府の調査でそれが明らかになったとして、不登校の子どもたちを支援するNPO法人全国不登校新聞社(東京都)が8月18日、記者会見を開き、「学校から逃げていいんだよ」と呼び掛けた。また同日には、新学期が始まるのを前に「明日学校に行きたくないあなたへ」と題して緊急号外を発行した。

 号外では、夏休み明けに、いじめに遭って学校に行けない子どもたちの自殺が多いことから、「自分自身を追い詰めないで、生きるために逃げるのです」とメッセージを寄せた。(中略)
 会見に同席した恩田夏絵さん(28)は、自身がいじめに遭った経験を語った上で、「自殺を考えたことがある」と話した。自殺しようとしている子どもたちに向けては「共に生きていきたいと思える人たちに出会える。生きることを諦めないでほしい」と呼び掛けた。
  
(教育新聞より一部抜粋)


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


いかがでしたか?

毎日の学校生活の中で、悩みがない人の方が少ないと思います。


学校や塾、その他のコミュニティの中で
どこか心の支えになれる場所がある場所があればいいですね。


SG予備学院も皆さんの心の拠り所になれるようになりたいと思っています!


授業がない日に、先生とお喋りに来てもいいです♪ 


先生方は皆さんの事が知りたいです!

勿論、勉強も一緒にやっていきましょう!


では、また! 

posted by SG予備学院 at 16:08 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。