2012年07月18日

質問力を磨こう!

みなさんは、自分が日頃、



どのような「問い」を抱いたり、



どのような「質問」をしているか、



確認をしたことはありますか?



世界No1コーチと言われるアンソニー・ロビンズは、



「“質の高い人生”を送るには、“質の高い質問”を常に投げかけることだ」



と言っています。



人間は自覚しているかどうかは別にして、



1日に何回も自分に質問をしています。



ほんの些細なことだと、



「今日、昼ごはんに何を食べようかな?」



「電車の優先席が空いているけど、座っちゃおうかな?」



「宿題めんどくさいから、サボってもいいかな?」



「帰りに古本屋によって、マンガでも立ち読みしよっかな?」



などなど、



自分で自分に質問をして、



自分で答えを出して行動をしているのです。



その他にも、



「なんで、もっと早く受験勉強始めなかったんだろう?」



「どうして自分は記憶力が悪く生まれたんだろう?」



「なんで私だけこんな苦しい思いしなきゃいけないんだろう?」



など、



自分のやる気をそぐような、



気持が暗くなるような、



マイナスな質問をしている人もいます。



もし、このような質問をしているなら要注意です。



なぜなら、



人は自分の抱く疑問のレベルにあった人生を送ることになるからです。



人間の脳は非常に優秀で、



自分に質問に対してしっかり答えを出せるように、



精密に作られています。



ですから、レベルの低い、またはマイナスな質問をしてしまうと、



レベルの低い、マイナスな答えがしっかし出てきてしまうのです。



ですから、もし今の自分の状態を改善したいなら、



まず、自分の「問い」や「質問」に注目して、



自分への「問い」や「質問」を改善するところから始めてください。



例えば、



「なんで、もっと早く受験勉強始めなかったんだろう?」



という質問をして、今更変えられない過去を悔やむより、



「今から、志望校に現役合格するにはどうしたら良いのだろう?」



と、現在や未来をプラスに変えるための質問をすべきです。



「どうして自分は記憶力が悪く生まれたんだろう?」



と生まれつきの能力を嘆き劣等感を感じるより、



「どうすれば要領よく暗記が出来るだろう?」



と問題を改善するための問いを立てるべきです。



「なんで私だけこんな苦しい思いしなきゃいけないんだろう?」



と、苦しい現実に嘆き、自分が被害者になることを選ぶより、



「この苦労を乗り越えた先には、どんな自分がいるだろう?」



と、目の前の苦労の意味や、苦労を乗り越え成長した自分を考えましょう。



つまり、脳という優秀な味方は、



質問次第でプラスにもマイナスにも導いてくれるのです。



これは社会に出ればさらに大きな差となります。



「どうすれば、上司にばれないように仕事をサボれるだろう?」



という問いを立てて毎日働いている人より、



「どうすれば、もっと顧客や会社に貢献できるだろう?」



という問いを立てて働いている人の方が、



自分自身の仕事のやりがいも、



周囲からの評価も高いでしょう。



人間関係においても、



「なんで、みんな自分に優しくしてくれないんだろう?」



と他人から優しくしてもらうことばかり求める人より、



「どうすれば、もっとみんなに優しく出来るだろう?」



と他人に対して優しく接するように心がける人の方が、



他人から大切にされ、愛されることでしょう。



このように、



質問力を磨くことは、



受験だけに限らず、



人生そのものをより豊かにしていくのです!



今一度、



自分が普段どんな質問を自分にしているか、



よく見つめ直してみてください。

























7月16日、午前2時15分(アメリカ時間)に永眠されました、



『7つの習慣』の著者であるスティーブン・R・コヴィー博士の



ご冥福を心からお祈り申し上げます。



























評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 12:31 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

マスコミ情報の罠

みなさんは、TVや新聞で報道されているニュースや世論調査などは、



正しい情報だと思っている人のほうが多いのではないでしょうか?



もちろん、全てが間違っているとは言えません。



しかし、全て鵜呑みにするのも危険すぎます。



例えば、



最近、民主党を離党して旗揚げした『小沢新党』についての



とある新聞の世論調査では、



1面と3面に「政党支持率」として、



民主党18%(前回17%)



自民党17%(前回18%)



無党派層52%(前回53%)



以上の調査結果を持って、



「小沢新党への期待が広がっていない実態が浮き彫りになった」



としています。



さらに、



「小沢新党に期待していない人」という支持政党別の調査項目で、



民主党支持層82%



自民党支持層と無党派層共に78%



年代別でも、



20代を除く各年代で、



「期待しない」が70%を超え、



40代では最高の84%を占めた。



と書いてありました。



以上の記事について違和感を感じることができますか?



なぜ、民主党や自民党については支持率を書いているのに、



小沢新党については「期待しない率」を書いているのでしょう?



実は、小沢新党の支持率は新聞の10面の片隅の調査結果に、



「16%」と記してありました。



つまり、支持率で比較すると、



民主党18%、自民党17%に対し、



小沢新党は16%ということで、



ほとんど差がないということなのです。



しかし、1面や3面の目立つ記事だけを読むと、



多くの人は全く違う印象を持ってしまうことでしょう。



さらに、この世論調査の最大の問題点は、



「6/27〜28にコンピューターで無作為に作成した電話番号に電話を掛け、



有権者在住が判明した1755世帯の中から1065人の回答を得た」



というところにあります。



みなさんは、この調査のどこが問題だか分かりますか?



この調査は水曜日と木曜日という平日に行われ、



しかも、固定電話にしか掛けていないのです。



こういった調査の電話は一般的には夜に掛けると迷惑がられるので、



昼間に掛けている可能性が非常に高いのです。



前述の記事には



“20代を除く各年代で「期待しない」が70%を超え・・・”



とありましたが、



正確には年代別のバランスの取れた回答を



得られていない可能性が高いということです。



良く考えれば分かることですが、



今のように携帯電話が普及している時代に、



平日の昼間に固定電話に応答する人ってどんな人だと思いますか?



20代の学生や若いビジネスマンが出ると思いますか?



きっと、まともに回答を得られなかった可能性が高いと想像すべきでしょう。



ですから、「20代を除く各年代で」という表現を用いているのでしょう。



では、どんな人が回答したのか?



平日の昼間に政治に関するアンケート電話にしっかり答える人は、



おそらく、時間的に余裕があり政治に関心の高い高齢者の方や、



子育てなどに追われず時間的に余裕のある40代の専業主婦の方など、



と推測する方が普通なのではないでしょうか?



まとめると、



偏った回答者からの調査結果を元に、



特定の団体が不利になるような記載を意図的にしている



ということです。



別に『小沢新党』を支持しているとかしていないとかの問題ではなく、



私たちがある一定の信頼を置いているTVや新聞の報道は、



何も考えずに盲目的にTVや新聞の報道を鵜呑みにする人を、



都合のいいようにコントロールする機能があることも頭の隅において、



様々な角度から情報を精査すべきなのかもしれません。



まさに、



福沢諭吉が『学問のススメ』に記したように、



「愚民の上に、苛き(からき)政府あり」



なのでしょう。



よりよい日本を後世に残すためには、



日本で暮らす私たち一人一人が、



もっともっと学問に励み、



賢くなるべきなのでしょう。





























評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 14:09 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

ケイソクは力なり

みなさん、自分の生活習慣で改善したいことはありますか?



もし、改善したいと思いながらも、



改善できずにいるのであれば、



とっておきの方法があります!



それは、











改善すべき生活習慣を









「計測する」









という方法です。



例えば、



「ついついダラダラTVを見てしまう自分を改善したい」



と思うのであれば、



まず、自分が1週間でどのくらいダラダラTVを観ているのか、



時間を計ってみてください。



本当に観たい番組以外を観ている時間を



なるべく正確に計測しましょう。



きっと、ものすごい時間を浪費していることに気付くことでしょう。



そして、その時間をもし勉強に当てれば、



どうなるかを想像してみてください。



今までは勉強をする時間が足りなくて



手が回っていなかった、理社の暗記や、



苦手分野の復習など、



多くのやるべきことが出来るようになるはずです。



もし、お金の無駄使いを改善したいのなら、



1ヶ月にどのくらい無駄使いをしているのか、



しっかり計算してみてください。



もし、そのお金を貯めていればいくらになっているでしょう?



今までは高くて買えなかった本当に欲しいものが



実は買えたかもしれません。



人間、意識できないことを改善するのは難しいです。



そして、意識するには具体的に測定することです。



「今のままじゃダメだなぁ。」



と漠然と考えているだけでは、



多くの場合、何も改善できずに時間だけが過ぎていきます。



テストの点を改善したければ、



どの部分を何点くらい改善したいのか明確にして、



そのための具体的な作戦を立ててください。



具体的に結果を変えたければ、



現状を具体的に測定して、



改善目標を具体的に立て、



それを達成するための行動目標を具体的に立てて、



コツコツ実行していきましょう!





































評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 15:27 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。