2012年07月25日

好きになるべき人とは?

みなさん、大きく成長し、



幸せな毎日を送るために、



好きになるべき人がいるのを知ってますか?



親?



友達?



恋人?



もちろん、親や友達や恋人を好きになることは、



とても素晴らしいことだと思います。



しかし、「好きになるべき人」を好きにならず、



本当に親や友達や恋人を好きになれるのかは疑問です。



では、



その「好きになるべき人」とは?



それは、



「自分」



です。



いやいや、人間みんな自分が好きですよ!



って思っているかもしれませんが、



深い意味で自分を好きな人ばかりではありません。



一見、「自分大好き人間」に見える人でも、



「自分が嫌い」



「自分の欠点が許せない」



「自分に強いコンプレックスがある」



「自分の過去の失敗が許せない」



などなど。



自分でも好きになれない部分って、



誰しも持っているのではないでしょうか?



よく、ありがちなのは、



「自分の良い部分だけ好き!」



という状態で、



自分が好きだと思い込んでしまうことです。



そういう人は、



一見、自分に自信があって自分を好きなように見えても、



実は、嫌いな自分を見ないでいるために、



長所だけを強調していたり。



でも、一人になると、



自分の嫌いな部分が受け入れられないで



不安定さに苛まれていたり。



ですから、



本当に自分を好きになるということは、



自分の欠点や過去の失敗など、



悪いところも全部ひっくるめて、



好きになることです。



だって、生まれてきただけでも、



すごいことなんですから!



みなさんが生まれてきただけで、



めちゃくちゃ喜んでくれて、



幸せな気持になったり、



勇気が湧いてきた人もいるのです。



ですから、



まず、自分の存在そのものを肯定して、



好きになることが大切です。



そうやって、本当の意味で自分の事を好きな人は、



他人の悪い部分もひっくるめて好きなる事が出来ます。



夫婦でも恋人でも、



一緒になるときは良い部分だけ見て好きになって、



別れるときは悪い部分を受け入れられずに



別れていくことが多いように感じます。



他人の欠点が気になるとき、



実はそれは自分の欠点だったりもします。



全部込みこみで好きになるのが



本当の「好き」なのではないでしょうか?



だからといって、



向上心を持たなくて良いと言うことではありません。



欠点もひっくるめて大好きな自分をもっと良くするために、



長所を伸ばしたり、欠点を克服したりするのです。



嫌いな自分から逃れるためではなく、



好きな自分をもっと好きになるために!



そう考えると、



毎日が少しだけに楽になしませんか?



寝坊してしまう自分も、



サボり癖のある自分も、



長続きしない自分も、



意地悪な自分も、



ヘタレな自分も、



それでいいんです!



好きになりましょう!



そして、もっと好きになるために、



頑張っていきましょう!!





























評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 20:33 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。