2012年05月13日

自由=幸せ?

みなさんは自由が欲しいですか?



一般的には、



自由がないより自由がある方が、



幸せだと思う人が多いのではないでしょうか?



自由があることが幸せなのかを考える前に、



少し、自由というものを深く掘り下げ考えてみましょう。



自由ということは、



言い方を変えると、



『選択肢が多い状態』



とも言えます。



例えば、江戸時代のように、



農民の子は農民、



武士の子は武士、



のように、選択肢がない状態は、



職業選択においては自由がない状態と言えるでしょう。



また、今でこそ恋愛結婚が一般的になっていますが、



昔は結婚と言うと、



親が決めた、家と家の結びつきの要素が強く、



ある意味、自由が少なかったでしょう。



逆に現代の社会では職業を選択する自由があります。



生まれながらにして職業が決まっているわけではありません。



たしかに、この状態を自由だから幸せと解釈することもできるでしょう。



しかし、逆の見方をすれば、



職業選択の自由がある代わりに、



就きたい職に就けないリスクもあるというあるのです。



あるいは、職そのものにあぶれてしまう人も出てきます。



江戸時代なら職業は選べませんでしたが、



どんな仕事に就こうか悩んだり、



就職活動に失敗し引きこもる事もなかったでしょう。



結婚についても、今は自由に結婚相手を選べます。



だからと言って、自分が結婚したい相手と結婚できる保障はありません。



また、結婚そのものが難しくなっているとも言えます。



江戸時代なら、相手を選べない代わりに、



親が選んだ相手とお見合いをして結婚することができました。



また、ある実験では



6種類の高級ジャムをサンプルでもらったグループと、



24種類の高級ジャムをサンプルでもらったグループとで、



その後、どのくらいの割合の人がジャムを買ったかを比べる実験がありました。



どちらのグループの方が実際の購入に至った率が高かったと思いますか?



普通なら、24種類の方が沢山の中から選べるから、



自分の欲しいものが見つかり購入に至りそうですが、



結果は、24種類のグループで購入したのはたったの3%でした。



一方、6種類のグループでは10倍の30%だったのです。



つまり、選択し多すぎて選べないという問題が発生したわけです。



選択肢が多いことが必ずしも幸せとは限らないということでしょう。



選択肢を増やした方が良い場合と、



選択肢を少なくした方が良い場合と、



しっかり見極めることが大切なのではないでしょうか。



あるいは、限られた選択肢の中から、



幸せを見出す方が賢いのかもしれません。



志望校や学部選びで悩んでいる人の参考になれば幸いです。









































評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 15:08 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。