2011年10月30日

インテリジェンス

みなさん、



「インテリジェンス」



という言葉を意識したことはありますか?



一般的には



「インテリ=知性的」



のようなニュアンスで使われているようですが、



ここでいう「インテリジェンス」は



「諜報活動」







「本当の情報を集めること」



のような意味です。



例えば、



昨日のニュースでも



「国の借金が1000兆円突破!」



と流れていて、



ビジネス雑誌などでも、



「日本は破綻する」



などの脅し文句を最近よく目にします。



しかし、興味深いことに、



海外では、



「日本の財務状況は良くない」



との認識は共通ですが、



「日本は破綻する」



との報道はあまり無いようです。



現実に膨大な対外債務を抱えるギリシアでさえ、



まだ破綻していませんし、



まわりが破綻させないようにしています。



ギリシアより経済規模がはるかに大きい日本が破綻したら、



世界中は大変なことになるでしょう。



では、なぜ日本では、



「日本は破綻する」



といった情報が流されているのでしょうか?



一つは、



「外資系の金融会社が海外の金融商品を売るため」



という説、



もう一つは、



「国民に日本は経済的に大変だから増税もやむなし」



と思わせて増税するためとの説。



ちなみに、



現総理大臣の野田さんの著書「民主の敵〜政権交代に大儀あり〜」



という政権交代前に書かれた本には、



2006年度において国家公務員のOB26,000人が



4700法人に天下りをしていて、



そこに12兆6000億円の税金が流れていると書いています。



消費税の1%分の税収が2兆3000億円から2兆5000億円なので、



消費税5%分に相当する巨額の税金が天下り法人に流れていると。



もちろん、天下り法人に流れた12兆6000億円の中には、



有意義な使い方をされたものもあるでしょうが、



現在、総理大臣になってこの辺の無駄は本当に削減されたのでしょうか?



国会議員の定数削減についても著書には書いてありますが、



国会議員の定数を削減しないまま増税をしようとしていませんか?



まぁ、細かいことはさておき、



特定の人にとって都合の良い情報を流して、



世論を誘導している可能性があることを認識しておくべきでしょう。



おそらく、みなさんは



「日本には中国や北朝鮮のような情報統制などない」



と思っているかもしれませんが、



グーグルやヤフーの検索エンジンでも、



国に都合が悪い「とあるワード」では、



検索エンジンにヒットしなかったりという現実もあります。



あるいは原発の問題についても、



あたかも「原発は安全」と認識させるような、



国に都合がいい情報をネット上に流したり。



著名な学者の発表かもしれませんが、



お金で国に雇われている学者ではその信頼性は想像できますよね?



1年の大半を海外で過ごすある投資家の方は、



中国人の友達から皮肉で、



「中国も頑張って日本のような立派な共産主義国になります(笑)」



といわれたようです。



笑い事ではないですよね。



では、何を信じればいいのか?



もちろん、



「全てマスコミを信じるな」



ということではありません。



くれぐれも誤解の無いように(笑)



簡単に手に入る情報以外に、



やはり、信頼できる仲間からの情報、



信頼できる情報源からの情報が必要ということです。



また、日頃から自分でも様々ことを勉強して、



なんでも鵜呑みにしないだけの知識を持つことも必要でしょう。



そして、本やインターネットなど手軽に入る情報だけに頼らず、



実際に自分の目で見たり、聞いたり、体験したりと、



行動をすることが大事だと思います。



そうやって、



国民一人一人が本当に賢くなれば、



政治家も官僚も今のままではいられないでしょう。



今の日本人のように、



自分たちの国に誇りを持たず、



自分たちの国の将来に無関心で、



今が良ければいい人や、



自分さえ良ければいいという人たちが多ければ、



統治する方としては楽かもしれませんが・・・。



自分たちの子孫には自分たちより良い日本にして、



バトンタッチしたいですよね。



今日は「インテリジェンス」ということで、



何のために勉強するか?



なぜ、真の友や仲間が必要なのか?



など、少し難しい内容だったかもしれませんが、



自他共に物心共に豊かになるための勉強になるように、



みんなで目指していければいいですね!

















評判の書籍

民主の敵〜政権交代に大儀あり〜/野田佳彦(著) 新潮新書















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です

posted by SG予備学院 at 14:43 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。