2011年03月30日

スランプになったら?〜前編〜

みなさんは勉強や部活などをしていて、





スランプを感じる時ってありますか?





頑張っても頑張ってもなかなか成果につながらないということは、





頑張っている人なら、誰にでもあることだと思います。





だからこそ、そこでどういう行動をとるかで、





ライバルたちとの差を拡げることもできます。





もし、スランプの克服方法が全く分からないというようでしたら、





ぜひ、参考にしてみてください。





【克服方法1】



『今まで通り行動を続ける』



スランプの時、考え込みすぎて行動力が鈍るというのは、あまり良い対処法ではありません。



普段同様に休憩や気分転換は必要ですが、スランプを言い訳にして、



必要以上に怠けてしまうと余計に悪い結果を生むことにもなりかねません。



勉強や部活でも、頑張っている内容によっては、



努力を始めてから結果が出るまでにタイムラグがあるものもあります。



もう少しで結果が出始めるのに、スランプだと思って途中で行動をやめてしまうことは、



とてももったいないですよね!





【克服方法2】



『自分以外の人のため頑張る』



スランプやモチベーションの低下の原因の一つに、



『自分の事ばかり考えている』



ということがあります。



「こんなに頑張っているのに自分はなんで結果がでないんだ!」



と自信を失ったり、被害者意識を持ってしまっていることもあります。



そんなときこそ発想を少し変えて、



勉強なら、



「頑張っている姿を見せて、親を喜ばせよう!」

「授業中積極的に発表して先生を喜ばせよう!」

「自分より勉強に困っている人に、自分にできるアドバイスをして役に立とう!」



など、誰かのために頑張っていると、



視野が広くなるので、自分の結果は以前ほどは気にならなくなるでしょう。



部活でも、



チームのため、応援してくれる親のため、後輩のため、



など、自分以外の誰かのためを思うと、



心が元気になることもあります。





もちろん、人それぞれスランプに陥っている背景が異なるでしょうから、





自分に合いそうな方法を実践すれば良いと思います。





明日は、克服方法の3と4をご紹介します。





それでは!







評判の書籍

スランプ克服の法則/岡本浩一(著) PHP新書





SG予備学院

http://www.sg-school.com/



posted by SG予備学院 at 13:48 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。