2012年08月07日

成長を妨げる悪習慣〜後編〜

さて、前回からの続きで、



『成長を妨げる10個の悪習慣』



の後編です。





<悪習慣6>

『テレビを見すぎる』



これは言うまでもありませんよね!



テレビを見すぎているということは、



その分、自分の成長のための時間を失っているということです。



ある統計でも、テレビの視聴時間と収入は



反比例しているというデータもあるくらいです。



目的を持って、時間を決めて見る分には構いませんが、



テレビの見すぎはみなさんの成長の機会を奪っていることに気付きましょう。





<悪習慣7>

『他人に求めすぎる』



他人に求めすぎると、



その要求が満たされないとき、



相手に対してマイナスな感情を抱いてしまいます。



逆に、みなさんに要求ばかりしてくる人がいたら、



みなさんはどう思いますか?



「親が○○してくれない!」

「先生が○○してくれない!」

「友達が○○してくれない!」



他人に求めて不満を抱く暇があったら、



自分に求めて、成長のチャンスにしましょう。





<悪習慣8>

『解決すべき問題から逃げる』



成功する人の多くは、



最重要事項を最優先します



成功しない人は、



最重要事項を後回しにします。



今、目の前に訪れている問題は、



みなさんの人生にとって意味があって、



ベストタイミングで訪れているのです。



もし、今その問題を解決しなければ、



これからも、同じような問題に悩まされ続けることでしょう。



人生は常に問題解決の連続です。



だったら、いつも同じ問題に遭遇して逃げ回るのはやめて、



次のレベルの問題へチャレンジし、人生をステップアップしてきましょう。







<悪習慣9>

『被害者になる』



「誰もあなたの許可なく、



あなたを傷つけることはできない」



という有名な言葉がありますが、



誰かがみなさんを被害者にしているのではなく、



自分で自分を被害者にしているのです。



例えば、



三者面談で担任の先生から、



「志望校合格は無理だ!諦めろ!」



といわれたとします。



その先生の言動に対し、



「やっぱり、僕はバカだから無理なんだ。。」

「先生はなんてひどいこと言うんだ!もうやる気なくした!」



など、傷ついて落ち込んだり、腹を立ててやけくそになったり、



先生の言動に対して被害者になることを自分で選ぶことも出来ます。



逆に、



「よし!もうサボるのをやめろっていう厳しい愛のムチだな!」

「くそーっ、絶対に合格して先生をビックリさせてやる!」



など、励みとして捉えたり、原動力にすることを自分で選ぶことも可能です。



どちらの方が成長し、成功するか分かりますよね?





<悪習慣10>

『今の生活を当たり前だと思う』



成功する人は感謝の念を強く持っています。



大きな成功をする人ほど、多くの人に感謝をしています。



だから、多くの人が応援してくれるのです。



みなさんが、誰かを助けたり、応援したのに、



その人はそれを当たり前だと思い、



全く感謝しなかったらどう思います?



もう、応援したくないですよね?



スポーツ選手が優勝した時、



「応援してくれた皆さんのおかげで勝てました!」

「今まで支えてくれた家族、監督、コーチ、チームメイト、ファンの方のおかげです!」



と自分の環境に対して感謝の念を惜しみませんよね。



「今回の優勝は私一人の努力によるものです!」



なんて言っている人は見たことありませんん。



みなさんは、今の自分の環境に心から感謝していますか?



また、その感謝の気持を言葉や形にしていますか?



日本に生まれたこと、勉強が出来ること、



家族がいること、健康であること、



毎日ご飯が食べられること、家があり衣服があること、



どれも、世界的に見ると当たり前ではありません。



そういうことに気付き感謝の気持を持った方が成長しますよね?







ということで、



2回にわたり成長を妨げる悪習慣をご紹介しましたが、



自分に当てはまることはありましたか?



当てはまることが悪いのではありません。



それに気付いたことは素晴らしいことです。



気付いたことをそのままにしておくことがいけないのです。



少ずつで構いません。



悪習慣を改善していきましょう!



























評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 14:27 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

成長を妨げる悪習慣〜前編〜

みなさんは、



日々、成長するために



努力を重ねていることと思いますが、



いくら一所懸命に努力をしても、



その努力を帳消しにしてしまう悪習慣を持っていては、



もったいないですよね!



また、習慣というのは、



意識せずに当たり前に繰り返しているため、



なかなか自分では意識できないものでもあります。



今日は、



『成長を妨げる10個の悪習慣』



をチェックしてみましょう!



<悪習慣1>

『マイナスなことばかり考える』



「第一志望に落ちたらどうしよう」



「浪人したらどうしよう。」



と起きて欲しくない事ばかり考えていると、



それを引き寄せてしまいます。



そんな暇があれば成功することをもっと考えましょう。





<悪習慣2>

『行動に移すのが遅い』



なにか行動を起こすとき、



全てが完璧に整わないと一歩を踏み出さない人がいます。



「部活を引退してから勉強しよう」



「目標が決まってから勉強しよう」



などなど、



条件が整うのを待って行動を先送りにしてはダメです。



やるべきことは「すぐ」やりましょう!





<悪習慣3>

『すぐに言い訳を探す』



人間は屁理屈の名人です。



出来ない理由を探したり、



自分を正当化する理由を作ったり、



そんなことをしても現実は好転しません。



言い訳を考えている暇があるなら、



もっと良くなる方法を考えましょう。





<悪習慣4>

『他人の意見を気にしすぎる』



誰に何と言われようと、



自分が出来ると信じて最善を尽くせば、



大抵のことは成し遂げられるはずです。



他人が無理だというから諦めたり、



他人の目を気にして本心とは違う行動をしたり、



そんなことをしても後悔が残るだけです。





<悪習慣5>

『失敗を極度に恐れる』



誰だって失敗をするのは恐いです。



しかし、失敗を恐れず挑戦していく中で、



様々なことを学び成長していくのです。



失敗を恐れて挑戦をしなければ、



失敗はしませんが成長もしません。





つづく

























評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 20:58 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。