2012年06月10日

恥ずかしい癖(2)

みなさんは自分の癖を自覚していますか?



無意識のうちにやってしまう癖は、



良い癖であれば人生の質を向上させますし、



悪い癖は人生の質を低下させます。



今日は悪い癖の中でも、



恥ずかしい癖について確認してみましょう。



恥ずかしい癖とは、



それは、



グチを言う癖です。



「あぁ〜かったるぃ・・・」



「どうせ、無理だよなぁ・・・」



「やってらんないよ・・・」



などなど、



気付かないうちにマイナスな言葉を発していませんか?



グチは漢字で書くと、



「愚痴」



です。



「愚」も「痴」も



「おろかなこと」



を表す言葉です。



つまり、グチを言うことは、



とても愚かなことなのです。



周りの人もグチグチ言っているのを聞いて、



気分が良くなることはないでしょうし、



グチを言っても現状は変わらないどころか、



自分自身にマイナスな言葉をかけて、



エネルギーを奪っていくのです。



対人関係においてだって、



「グチをいう人が好き!」



っていう人まずいません。



むしろ、



「グチっぽい人とは付き合いたくない」



という人の方が多いでしょう。



他人の悪口や、弱音を吐いて、



被害者ぶったところで、



ますますマイナスになるだけです。



自分の得たい結果を得続けている人、



多くの人から好かれ慕われる人などは、



決してグチっぽくありません。



むしろ、ポジティブな言葉を発して、



周囲の人にエネルギーを与えます。



もし、



「グチを言う癖」



があると気付いた人は、



「ポジティブなことを言う癖」



に変えてみましょう!





























評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 14:25 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

恥ずかしい癖(1)

みなさんは、



自分の癖を自覚していますか?



「なくて七癖」



と言われるくらい、



人間は人それぞれ様々な癖を持っています。



それは言い換えれば、



人は等しく個性を持っているということなので、



決して悪いことでは在りません。



しかし、注意しなくてはいけないのは、



癖にも、



「良い癖」







「悪い癖」



があるということです。



そして、



癖というのは、



意外と自分では自覚できていないことが多いのです。



しかし、



傍から見ると、



人の悪い癖はすぐに目に付きます。



人間はどうしても、



良いところより悪いところにフォーカスする人が多いのです。



つまり、



自分では気づかないうちに、



周りからの評価を下げている危険性があります。



では、



よくある「悪い癖」には、



どのようなものがあるのでしょうか?



つづく・・・

































評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 14:15 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

目標だけではダメ?

みなさんは、



自分の目標をしっかり設定していますか?



一般的には、



目標設定の重要性が伝えられていますが、



本当に目標設定って重要なのでしょうか?



自分の目標を達成できれば、



幸せになれるのでしょうか?



結論から言うと、



目標だけではダメです。



たとえ目標を達成できても、



幸せになれない可能性もあります。



それはなぜでしょう?



それは、



何のための目標なのかという、



目標を達成する目的が不明確だからです。



例えば、



「アメリカに留学して英語を学ぶ」



という目標を持ったとします。



では、



「アメリカに留学して英語を学んでどうしたいか?」



これが目的です。



ただ、英語が話せるだけの人は世界中にたくさんいます。



「英語を話す」



というのは手段にすぎません。



その手段を使って何をしたいのかが大切になってきます。



そうやって考えるてみると、



自分がやろうとしている事に、



明確な「目的」があるかどうかもわからないまま、



ただ目標を目指して努力していることがあるかもしれません。



ですから、



必ず、



「目標」を立てる前に、



「目的」をしっかり考えてください。



「目的」を達成できない「目標」ならば、



達成する意味がありません。



違った見方をすれば、



簡単に目標を諦められるのは、



明確な目的がないからです。



自分が絶対叶えたい目的があれば、



そう簡単には目標を諦められないはずです。



何のための目標なのか?



今一度、目的を明確にしてください。









































評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 21:14 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。