2012年02月04日

ハーバードの図書館の貼り紙(2)

前回は、



『ハーバードの図書館の貼り紙』



という



『ガセネタ』



をご紹介しました。



日頃、努力を怠っている人にとっては、



刺激になる言葉が多かったのではないでしょうか?



確かに、



ハーバードの図書館の貼り紙ではないかもしれませんが、



良い事が書いてありますので、



人によっては良い気付きが得られるはずです。



しかし、



このハーバードの図書館の貼り紙から受ける印象は、



「努力はツライけど、もっとツライ目に遭いたくなかったら努力しよう!」



というメッセージです。



ここで、前回お話した、



ある視点が重要になってきます。



それは、



「その動機で長続きするの?」



という視点です。



努力することは大切なことです。



しかし、



「努力=ツライこと」



だけど



「努力を怠るともっとツライ人生になる=恐怖・苦痛」



だから、頑張ろう!



では、短期的に頑張れても、



長続きさせることは難しいのではないでしょうか?



勉強や努力は一時的なことではなく、



幸せになるために生涯必要なことだと思います。



だったら、



恐怖や苦痛か逃れるために、



ツライけど頑張ろうよりも、



自分の夢や理想を実現させるために、



自分が思い描く幸せを手に入れるために、



そのプロセス(努力)を楽しむという感覚の方が、



長続きするのではないでしょうか?



恐怖や苦痛を回避するという動機は



短期的には効果が見込めるかもしれません。



ですから、意味がないと言っているのではありません。



しかし、恐怖や苦痛から逃れるために、



長期間ツライ努力を続ける人って、



傍から見て幸せに見えますか?



きっと、本人も周りの人もツライのではないでしょうか?



逆に、夢や理想のために、



プロセスを楽しみながら努力している人って、



傍から見ても幸せそうに見えますよね!



そういう意味でも、



努力をする動機が外的な恐怖によるものなのか、



心から湧き出た夢や理想のためなのかで、



成功する確率は大きく変わってくるでしょう!



当然、どちらの方が幸せなのかも分かりますよね!



ですから、



自分の置かれた状況によって、



外的な刺激や恐怖・苦痛の回避という動機を利用したり、



内的に湧き出たものや、夢や理想の実現という動機を利用したり、



上手く使い分けることが大切だと思います。



みなさんが、今勉強を頑張る動機はどちらでしょう?



もし、努力が続かないのであれば、



動機付けの方法を変える必要があるかもしれません。



























評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 14:51 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

ハーバードの図書館の貼り紙(1)

今日は、興味深いものを見つけたので、みなさんにシェアしようと思います。




ハーバードの図書館の貼り紙だそうです。



−−−−−−ここから−−−−−−


1.今居眠りすれば、あなたは夢をみる。
 今学習すれば、あなたは夢が叶う。



2.あなたが無駄にした今日はどれだけの人が願っても
 叶わなかった未来である。



3.勉強に励む苦しさは今だけであり、勉強しなかった苦しさは一生続く。



4.明日やるのではなく今日やろう。



5.時間は絶えず去りつつある。



6.学習は時間がないからできないものではなく、
 努力が欠くからできないものである。



7.幸福には順位はないが、成功には順位がある。



8.学習は人生の全てではないが、人生の一部として続くものである。



9.学習する事が人生の全てとは言わないが、
 学習すらできぬものに何ができるのであろうか。



10.人より早く起き、人より努力して、
 初めて成功の味を真に噛みしめる事ができる。



11.怠惰な人が成功する事は決してない、
 真に成功を収める者は徹底した自己管理と忍耐力が必須である。



12.時間が過ぎるのはとてもはやい。



13.今の涎は将来の涙となる。



14.犬の様に学び、紳士の様に遊べ。



15.今日歩けば、明日は走るしかない。



16.一番現実的な人は、自分の未来に投資する。



17.教育の優劣が収入の優劣 。



18.過ぎ去った今日は二度と帰ってこない。



19.今この瞬間も相手は読書をして力を身につけている。



20.努力無しに結果無し。




−−−−−−ここまで−−−−−−





いかがでしょうか?



ちなみにこの文章は、



ハーバードとは全く関係がない、



『ガセネタ』



だそうです。



一見、良いことが書いてありますが、



ある視点を忘れて、



ここに書いてあることを鵜呑みにすると危険です。



その、ある視点とは・・・。





つづく



























評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 21:22 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。