2011年10月31日

凛の国(1)

みなさんは、



自分に誇りを持っていますか?



胸を張って「はい!」といえる人もいれば、



「誇りまでは・・・。」という人もいるかもしれません。



本日から数回にわたり、



前野徹さんという方の著書、



「凛の国」



の内容をシェアしていきます。



もし、自分に誇りを持てなくても、



この「凛の国」で語られている日本や日本人を知れば、



今までより、自分に誇りをもてるのではと思います。



まず、



前野徹さんの簡単なプロフィールですが、



1926年、東京生まれ。



大学卒業後、



読売新聞社、東京新聞を経て、



東急グループの総帥故五島昇氏から東急電鉄に秘書課長としてスカウトされる。



五島氏の懐刀として政界、財界、マスコミ等の対外折衝役として活躍。



1970年、東急エージェンシー常務、専務、副社長、



1981年から11年にわたり同社の社長として業界13位から、



電通、博報堂に次ぐ業界第3位まで躍進させる。



その後、



アジア経済人懇親会会長、



(社)日本経営士会会長、



(社)ニュービジネス協議会顧問



などの公職を務める。



2007年に逝去。



なぜ、プロフィールからご紹介をするのかといいますと、



前野徹さんは学者や評論家ではなく、



戦前に誕生されてから逝去されるまで、



国内外の様々な分野の第一線の現場で活躍されていた



実務家であるということをご理解いただきたかったからです。



また、



この「凛の国」には日本や日本人のことが書いてありますが、



この本に書いてあることが絶対的に正しいということではなく、



世間一般の認識や、今まで教科書で習ってきたこととは別に、



「こんな考え方(歴史認識)もあるんだ。」



と、新たな視点を持って、



自分なりに消化してもらえればいいと思います。



大学入試の世界史や日本史で求められる正解答とは違うかもしれませんが(笑)



危険なのはフィルターのかかったある一方からの偏った情報しか知らないことだと思います。



みなさんの見聞を広める一助になれば幸いです。



さて、本題に入りましょう。



まず、この本に親しみを感じた理由は、



前野さんが自分のことを「おじいちゃん」と呼び、



孫に語りかけるような、わかりやすい表現で書かれていることです。



また、言葉の端々に日本を思う愛情や、



これから日本を担っていく孫たちへの愛情が感じられるからです。



まえがきには、



日本人はかつて世界の人々驚嘆させる気高い精神を持っていて、



私利私欲や自分たちの利害よりも、



「公(おおやけ)」を優先し、国や社会のために尽くすことができる、



世界一の精神文明の国だと紹介しています。



実際に世界中から尊敬を集める国、民族だったと。



しかし、現在の日本、日本人は西洋の価値観に染まり、



本来の気高さや美しさが失われてしまっていることを嘆いています。



しかし、それは現代の日本人たちを批判しているのではなく、



日本人としての正しい教育を受けられなかった



ある意味被害者である現代の日本人に、



少しでも日本の日本人の素晴らしさを知ってもらい、



本来の日本人の誇りを取り戻してもらいたいという願いが込められています。



そもそも歴史認識というのは、



その国々によって異なるのは当然なはずです。



例えば、



アメリカ合衆国誕生のおめでたい歴史も



イギリスにしてみれば裏切られた歴史になります。



アメリカの西部開拓の歴史も、



原住民にしてみれば侵略をされた暗い歴史でもあります。



これは良し悪しの問題ではなく、



立場の異なる国同士で自国で教える歴史認識は違うが当然なのです。



にもかかわらず、



日本では外国から押し付けられた、



自虐的な歴史認識が日本の歴史として教科書に載っているのです。



では、



外国から押し付けられた自虐的歴史観とは?



日本の立場で語る日本の歴史とは?



つづく



















評判の書籍

凛の国/前野徹(著) 青春出版社

















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 17:31 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

インテリジェンス

みなさん、



「インテリジェンス」



という言葉を意識したことはありますか?



一般的には



「インテリ=知性的」



のようなニュアンスで使われているようですが、



ここでいう「インテリジェンス」は



「諜報活動」







「本当の情報を集めること」



のような意味です。



例えば、



昨日のニュースでも



「国の借金が1000兆円突破!」



と流れていて、



ビジネス雑誌などでも、



「日本は破綻する」



などの脅し文句を最近よく目にします。



しかし、興味深いことに、



海外では、



「日本の財務状況は良くない」



との認識は共通ですが、



「日本は破綻する」



との報道はあまり無いようです。



現実に膨大な対外債務を抱えるギリシアでさえ、



まだ破綻していませんし、



まわりが破綻させないようにしています。



ギリシアより経済規模がはるかに大きい日本が破綻したら、



世界中は大変なことになるでしょう。



では、なぜ日本では、



「日本は破綻する」



といった情報が流されているのでしょうか?



一つは、



「外資系の金融会社が海外の金融商品を売るため」



という説、



もう一つは、



「国民に日本は経済的に大変だから増税もやむなし」



と思わせて増税するためとの説。



ちなみに、



現総理大臣の野田さんの著書「民主の敵〜政権交代に大儀あり〜」



という政権交代前に書かれた本には、



2006年度において国家公務員のOB26,000人が



4700法人に天下りをしていて、



そこに12兆6000億円の税金が流れていると書いています。



消費税の1%分の税収が2兆3000億円から2兆5000億円なので、



消費税5%分に相当する巨額の税金が天下り法人に流れていると。



もちろん、天下り法人に流れた12兆6000億円の中には、



有意義な使い方をされたものもあるでしょうが、



現在、総理大臣になってこの辺の無駄は本当に削減されたのでしょうか?



国会議員の定数削減についても著書には書いてありますが、



国会議員の定数を削減しないまま増税をしようとしていませんか?



まぁ、細かいことはさておき、



特定の人にとって都合の良い情報を流して、



世論を誘導している可能性があることを認識しておくべきでしょう。



おそらく、みなさんは



「日本には中国や北朝鮮のような情報統制などない」



と思っているかもしれませんが、



グーグルやヤフーの検索エンジンでも、



国に都合が悪い「とあるワード」では、



検索エンジンにヒットしなかったりという現実もあります。



あるいは原発の問題についても、



あたかも「原発は安全」と認識させるような、



国に都合がいい情報をネット上に流したり。



著名な学者の発表かもしれませんが、



お金で国に雇われている学者ではその信頼性は想像できますよね?



1年の大半を海外で過ごすある投資家の方は、



中国人の友達から皮肉で、



「中国も頑張って日本のような立派な共産主義国になります(笑)」



といわれたようです。



笑い事ではないですよね。



では、何を信じればいいのか?



もちろん、



「全てマスコミを信じるな」



ということではありません。



くれぐれも誤解の無いように(笑)



簡単に手に入る情報以外に、



やはり、信頼できる仲間からの情報、



信頼できる情報源からの情報が必要ということです。



また、日頃から自分でも様々ことを勉強して、



なんでも鵜呑みにしないだけの知識を持つことも必要でしょう。



そして、本やインターネットなど手軽に入る情報だけに頼らず、



実際に自分の目で見たり、聞いたり、体験したりと、



行動をすることが大事だと思います。



そうやって、



国民一人一人が本当に賢くなれば、



政治家も官僚も今のままではいられないでしょう。



今の日本人のように、



自分たちの国に誇りを持たず、



自分たちの国の将来に無関心で、



今が良ければいい人や、



自分さえ良ければいいという人たちが多ければ、



統治する方としては楽かもしれませんが・・・。



自分たちの子孫には自分たちより良い日本にして、



バトンタッチしたいですよね。



今日は「インテリジェンス」ということで、



何のために勉強するか?



なぜ、真の友や仲間が必要なのか?



など、少し難しい内容だったかもしれませんが、



自他共に物心共に豊かになるための勉強になるように、



みんなで目指していければいいですね!

















評判の書籍

民主の敵〜政権交代に大儀あり〜/野田佳彦(著) 新潮新書















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です

posted by SG予備学院 at 14:43 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

挨拶の達人

みなさんは、



挨拶の重要性をどのくらい認識していますか?



この時期になると、AO入試や公募推薦の対策ための、



面接の練習をしている人も多いことでしょう。



一般的に面接の練習となると、



志望理由や将来の夢、



時事問題や専門分野についての受け答えなど、



話しの内容について色々考えていることでしょう。



もちろん、面接において話しの内容というのはとても大切です。



しかし、もっと重要な要素があるのです。



みなさんは



『メラビアンの法則』



という法則を聞いたことはありますか?



心理学者アルバート・メラビアンの実験で、



コミニケーションにおける



言語(話の内容)







非言語(見た目や話し方)



の相手に与える影響の割合について実験を行ったようです。



その結果、



言語(話の内容)が占める割合は、



わすか7%でした。



93%は非言語(見た目や話し方)でした。



さらに、細かく分けると、



見た目(身振り手振り、服装、目つき、姿勢など)が55%、



話し方(声の強弱、抑揚、緩急など)が38%



という驚くべき結果が出たそうです。



数年前に売れた新書でも、



「見た目が9割」



という本がありましたが、科学的根拠があったわけです。



ですから、面接時には話しの内容以上に、



見た目や話し方が大切になってくるわけです。



特に第一印象は挨拶で決まります。



それでは、挨拶の意味を掘り下げてみますと、



「挨」とは、自分の心を開くこと。



「拶」とは、相手の心に迫ること。



つまり、「挨拶」とは、



「自分の心を開き、相手の心に迫ること」



なのです。



さらに、



「発声」と「動作」についてもポイントがあります。



1)相手の目をにこやかに見る



2)相手を見たまま大きな声で発声する



3)その後、背筋を伸ばしてゆっくりお辞儀をする



4)すばやく姿勢を戻し、もう一度相手の目を見る



となるわけです。



では、挨拶の本当の意味合いを理解し、



正しい発声と動作ができている人どれくらいいるでしょうか?



逆に、これを日常生活から心がけて実践すれば、



挨拶の達人になれます。



そうすれば、みなさんは面接官と顔を合わせて挨拶をした瞬間、



すでに周りのライバルより一歩リードしていることでしょう。



当然、推薦入試だけでなく、



大学に入ってからのアルバイトの面接や就職活動に限らず



これからの人との出会い全てに、



プラスに作用することは想像できますよね?



今日から挨拶の達人を目指してみてはいかがでしょう!













評判の書籍

ホンマもんの成功法則/丸尾孝俊・クロイワショウ KKロングセラーズ













SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です

posted by SG予備学院 at 17:38 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。