2011年08月09日

毎日86,400円の小遣い

もし、みなさんの銀行口座に、



毎日86,400円のお小遣いが振り込まれたら、



どのように使いますか?



ただし、



その86,400円は



その日のうちに使い切らなくてはならない決まりがあります。



1円たりとも貯めておくことはできません。



そのかわり、毎日毎日、



86,400円のお小遣いが振り込まれるのです。



きっと、



1円も残さないように、



いろいろと頭を使って工夫して、



使い切ろうとするのではないでしょうか?



「そんな夢のような話あるわけない!」



と思うかしれませんが、



これは、



すでに現実に私たちの身に起きていることなのです。



勘の良い方はすでに気づいているかもしれませんが、



この、



「86,400」



という数字は、



「円」



という単位ではなく、



「秒」



という単位で



私たちは毎日受け取っているのです。



「時は金なり」



という言葉があるように、



時間もお金と同様に、



大切な財産のはずです。



そう考えると、



「もったいないから、1秒も余らせることなく有効に使おう!」



という意識が足りないことに気づくのではないでしょうか?



お金であれば、



人それぞれ、生まれた家の経済状況によってスタート地点が違いますが、



時間という財産については、



人間みな平等です。



この、



86,400秒の



1日1日の積み重ねが、



非常に大きな差を生むのです。



ある人の言葉に、



「人は1年でできることを過大評価し、



10年でできることを過小評価する」



という言葉があります。



意味としては、



大きなことを1年という短い時間でやろうとして上手くいかない人や、



10年という時間をかければ成し遂げられることなのに、



長い目でコツコツと取り組む人が少ないということを



示唆している言葉なのだと思います。



例えば、将来英語を使う仕事に就きたいと考えて、



今から1年で英語の勉強が盛んな一流大学を目指すとします。



しかし、今までの積み重ねがなければ、



1年間でその大学に入ることは難しいかもしれません。



でも、



「英語を使う仕事に就く」



ということが本当の目標なら、



例え大学受験では一流大学に入れなかったとしても、



大学入学後もコツコツ勉強を続け、



大学卒業後もコツコツ勉強を続ければ、



10年経つ頃には、



大学受験では勝てなかった一流大学の同級生に、



英語力では勝てるかもしれません。



ということは、



実際の社会で活躍するのは自分の方かもしれません。



もちろん、大学受験で一流大学に合格できることは素晴らしいことですが、



そのあと勉強を続けなければ本当の目標を達成できません。



ですから、



86,400秒のうち、



その場限りで将来につながらないことに時間を使うのではなく、



いかに、将来の自分のやりたいことにつながることに



時間を使い続けられるかが



大切になってくるのだと思います。



時間は貯めることができませんが、



その時間を使って努力した経験は



いくらでも貯めることができます。



貯めることができないものを、



貯められるものに換えて貯めておくことは、



とても賢い戦略ですよね!?



今日から、



86,400秒という時間を意識して、



時間を将来に残るものに使ってみてください。









































評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 14:13 | TrackBack(0) | 評判のSG予備学院ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

求めるより、求められよ!

先日、ある分野で大成功されている人の話しの中に、



「求めるのではなく、求められるようになる。」



というお話しがありました。



例えば、



自分がどうしても会いたい有名人がいるとします。



普通の人は、



自分の「会いたい」という気持ちが中心なので、



いろんな人にその有名人を紹介してもらえるようにお願いしたりするでしょう。



しかし、その成功者の方は、



「その有名人から自分に会いたい!」



と思われるにはどうしたらいいだろうと考えるそうです。



そして、そのための努力を重ねていると、



かなりの確率で相手から会いたいと言われて、



結果、自分の会いたい人に会えるそうです。



この考え方って、



受験でも応用できませんか?



みなさんは、



「○○大学に入りたい!」



と志望校合格を求めて、



日々勉強していることと思います。



「○○大学から入って欲しいって言われる高校生になろう!」



という発想で勉強している人は少ないのではないでしょうか?



この考え方は、



特にAO入試や公募推薦などで有効だと思います。



多くの受験生は、



自分が合格したい、入りたい、



という『求める』ことが中心です。



その状態で面接や論文で自分の思っていることを発信するわけです。



おそらく、試験官側からすると、



みんな同じに見えるのではないでしょうか?



そんな中、



「この生徒を合格させたい!」



「ぜひ、うちの大学に入って欲しい!」



って思われるにはどうしたらいいか?



という『求められる人になるには』という視点で



対策を練る人がいたらどうでしょう?



しっかり、大学のことを調べれば、



大学のビジョンやカラー、



求める人材像がわかってくるはずです。



つまり、大学側や試験官側の気持ちになって、



面接や論文で自分の意見を発信している人がいれば、



そりゃ強いですよね!



でも、これは受験だけではなく、



その先の就職活動でも非常に役に立つはずです。



多くの求職者は、



その会社が自分に何をしてくれるのかを考えます。



会社の規模や製品、市場シェアに魅力を感じ、



そこに勤めたいと思うわけです。



でも、これって、



『求めている』状態ですよね?



企業から、



「なんとしてもうちの会社に入って欲しい!」



と思ってもらうための視点が欠けているわけです。



不況だから就職が厳しいように言われますが、



そんな中、何社からも



「うちに入社してください」



と内定をもらっている人もいます。



『求める人材』



ではなく、



『求められる人材』



なのでしょうね!!



恋愛も同じですよね?



「付き合いたい、付き合いたい。」



だけだから上手くいかないのではないでしょうか?



どうしたら、自分の好きな人から



「付き合いたい。」



と言ってもらえるかという視点があったほうが



成功する確率は上がりますよね?



シンプルに考えてください、



みなさんは、



自分の要求ばかり言ってくる人と、



みなさんの要求を満たそうとしてくれる人と、



どちらの人とご縁を持ちたいですか?



答えは決まってますよね!



じゃあ、私たちがそういう人になれば良いだけですよね!



今までとは違った発想で、



成功への戦略を考えてみてはいかかでしょうか?



























評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 20:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

目先の欲に勝つために

みなさんは、



目先の欲や誘惑に負けない



強い意志を持っていますか?



正直、



人間誰しも弱い部分も持っていますので、



「一切、目先の欲や誘惑に負けない!」



という人は少ないのではないでしょうか?



楽しいことや気持ち良いことを選び、



苦しいことや辛いことを避けるのは、



人間の本能でしょうから、



それに意志の力だけで逆らうのは



大変なことだと思います。



だからといって、



目先の欲や誘惑に負けてしまう自分を



「人間の本能だから仕方がない。」



と、そのままにしておいては



目標に到達することはできません。



では、どうしたらいいのでしょうか?



ヒントは、



楽しいことを選び、



苦しいことを避ける



という人間の本能を利用するのです。



あくまでも、



「楽しい」







「苦しい」



などは感覚なので、



自分の捉え方次第で



変えることができます。



そして、



大事なことは、



目先の欲や誘惑より、



もっと魅力的なご褒美があることを、



鮮明に自覚することだと思います。



つまり、



目標を達成した時の



楽しいイメージや嬉しいイメージが明確であれば、



目の前の欲や誘惑に惑わされないことが、



楽しいことや嬉しいことのための努力になるので、



意志の力に頼らずとも苦にならないのです。



例えば、



ダイエットをするのって結構つらいです。



食べたい物や飲みたい物を我慢して、



食べる量や食べる時間を考えて、



食事を管理することは大変です。



ついつい誘惑に負けて、



「ダイエットは明日から!」







「別に痩せなくてもいいや!」



と食べてしまうのが、



一般的なのではないでしょうか?



なぜなら、



ダイエットの先にあるもが不明確なのに対し、



目の前のお菓子を食べたら幸せな気分になるのは明確です。



とうぜん、明確に幸せになれるほうを選ぶでしょう。



でも、



例えば、夜も眠れないくらい大好きな片思いの人から、



「3キロ痩せたら付き合ってもいいよ!」



といわれたらどうでしょう?



※体重の増減で付き合うかどうか決める人はどうかと思いますが、ここでは置いておいて



こうなると、



大好きな人と付き合う幸せと、



目の前のお菓子を食べる幸せと、



天秤にかけるわけです。



大好きな人と付き合えることの方が幸せなら、



きっと、お菓子を食べないことは苦ではないはずです。



それは、将来の大きな幸せが明確にイメージできるので、



目先の小さな欲や誘惑が気にならなくなるわけです。



「痩せたら付き合う」



という確約は極端な例ですが、



やはり、受験勉強を頑張るには、



頑張って合格して、



みんなに祝福されて、



親や先生や友達から褒められて、



自分の憧れの大学に入学して、



自分の興味がある勉強を思いっきりしたり、



サークルに入ってたくさん友達を作っていっぱい遊んだり、



バイトしてお小遣いを貯めて欲しいものを買ったり、



素敵な恋人を作ってデートしたり、



などなど、



リアルに楽しいことや幸せなことを



明確にイメージすることが大切です。



今の目の前にある誘惑より、



何倍も何十倍も楽しいことが待っていること気づけば、



目先の欲に負けなくなるはずです。



ですから、



「明確な成功のイメージがないまま、意志の力で目の前の誘惑と戦う」



よりも、



「明確に成功のイメージを描いて、それを手に入れることに夢中になる」



という方が、



同じ受験勉強という努力でも、



はるかに継続しやすいのではないでしょうか?



周りから、



「妄想族!!」



と言われてしまうくらい、



努力の先にある幸せ溢れる自分の未来を



実感してください。



























評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
ラベル:SG予備学院
posted by SG予備学院 at 14:44 | TrackBack(0) | SG予備学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。