2011年07月17日

ライフプラン(3)

前回、ライフプランは



ビルを建てる時の設計図みたいなもの



という話をしましたが、



では、なぜ、



多くの人が設計図を書かないまま、



工事に取り掛かってしまうのでしょう?



考えられる理由の1つは、



人生は自分でライフプランを立て、



そこから逆算して行動した方が、



得たい結果を得られる確率が高いということを



日本の学校や家庭では教えないので、



そもそも、



『自分のライフプランを持つ』



という概念すら一般的ではないかもしれません。



当然、ライフプランの立て方を知らないので、



立てることができません。



第2に、



それぞれにぼんやりとした、



「こうなったらいいなぁ。」



という願望があったとしても、



実際には実現しないのではないと



初めから諦めて、



願望を目標や予定に変えられていないのかもしれません。



仮に、目標を掲げたとしても、



周囲にはそれを、



「そんなの無理だよ」



「夢見たいな話だね」



「現実見たほうが良いんじゃない?」



などと、批判的な意見を受けることあるでしょう。



大きな夢や明確なライフプランを持たないことが当たり前の日本では、



それを持っている人が少し変わって見えるのかもしれません。



やはり、周りから変わり者扱いされたり、



自分の目標を批判されることは



精神的に辛い事です。



しかし、大きな夢を叶えた人たちのそばには、



その時点では「夢見たいな話」であったとしても、



それを、



「素晴らしい目標だね!」



「君ならきっと出来るよ!」



「みんなで応援するよ!」



と温かく励まし、



目標の実現を応援してくれる人たちの存在があるそうです。



第3に、



ライフプランを立てても、



「その通りにいかなかったらどうしよう?」



という、失敗への恐怖も



夢を描いたり、目標を掲げたりする



大きな障害になっているようです。



大きな夢や高い目標、



理想の人生を思い描いても、



絵に描いた餅で終わるなら、



初めから描かない方がいいと、



思ってしまう気持ちが湧いてしまうのも人間でしょう。



第4に、



ライフプラン(目標)を立てない人は



何より、



『目標設定の重要性』



に気付いていない、



ということが考えられます。



では、なぜ、



ライフプランを立てること



が重要なのでしょう?































評判の書籍

第8の習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版



































SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 13:20 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

ライフプラン(2)

どんな場所に住んで、



どんな人と一緒にいて、



どんな生活をして



どんな人生を送りたいかまでを



リアルに思い描くことって意外に少ないのではないでしょうか?



でも、よくよく考えると、



人生の設計図を作らずに、



人生を築き上げるというのは、



ビルの設計図を作らずに、



ビルを建てるようなものですよね。



例えば、10階建てのビルがあったとします。



では、このビルは工事を始めてから



成り行きで10階建てになったのでしょうか?



本当は5階建ての予定だったのに、



材料の価格が安くなったから



せっかくだから10階建てにしてしまえと



勢いで10階建てのビルなったのでしょうか?



または、



本当は20階建てのビルにする予定だったのに、



景気が悪くなったから10階建てで我慢しとこうと



途中から10階建てになったのでしょうか?



きっと、どちらでもなく、



初めから10階建ての設計図に基づいて、



10階建てのビルを建てたはずです。



10階建てのビルを建てるための、



工事期間、



材料、



人員、



作業機器



などを用意して、



計画的に建設をするのだと思います。



10階建ての高さを支えるだけの、



鉄筋の数、



基礎工事、



耐震設計、



など、



10階建てのビルを完成させることから逆算し、



工事を進めているはずです。



思いつきや成り行きで工事をしたのであれば、



それこそ欠陥ビルになる危険性があります。



そんなビルには住みたくないですよね。



でも、私達の人生についてはどうでしょう?



その時の感情や思いつきで人生の建築工程が変わっていませんか?



今の自分は、



過去に自分が思い描いて望んだ自分でしょうか?









つづく



















評判の書籍

第8の習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版



























SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院
posted by SG予備学院 at 18:45 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

ライフプラン(1)



普段とは少し角度を変えて、



『ライフプラン(人生設計)』



について話したいと思います。



みなさんは、



明確な自分の『ライフプラン』はありますか?



志望校や就きたい職業くらいは決まっていても、



『ライフプラン』



となると、



社会に出ている大人でも難しいかもしれません。



そもそも、



『ライフプラン(人生設計)』を考える



ということ自体に馴染みが無いかもしれません。



特に昭和の高度成長期など



一億総中流社会と言われた時代では、



定期昇給や終身雇用や年金など



様々な安定があったため、



一所懸命に目の前のことを頑張っていれば、



『ライフプラン』などなくとも



それなりに報われた時代がありました。



しかし、これからの日本はどうでしょう?



様々な変化が訪れています。



小さな政府を目指し公務員の削減、



大手企業の倒産、



定期昇給どころか減給、



終身雇用ではなく早期退職制度、



労働力の海外移転、



少子高齢化、



年金制度の限界、



日本財政の債務超過、



自殺者の増加、



モラルの低下、



食糧問題、



エネルギー問題、



政治の迷走、



などなど、



問題は山積みです。



何も考えずに頑張っているだけで、



本当に自分の得たい幸せが得られるのでしょうか?







つづく





























































評判の書籍

第8の習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版



































SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 19:59 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。