2011年07月21日

ライフプラン(6)

ライフプランを立てる時に



大切なポイントは、



『紙に書く』



ということです。



初めは、書き方など気にせず、



思いつくままに、



自分の夢や願望や理想を書き出すといいでしょう。



その時に気をつけるのは、



書く前に



「多分無理だな。」



と先入観を持って、



書き出さずに諦めないようにすることです。



「書いたことは全て叶う」



という前提で、



書けるだけ書いてください。



そして、



出来ることなら



『既に達成した気持ち』



で書いてみてください。



100項目以上書けたなら上出来です。



恐らく多くの人が、



50項目書くだけでも苦労するはずです。



その時、



「私って意外と夢がないんだなぁ。」



と気づく人もいることでしょう。



いつの間にか、



『夢に自分の現状を合わせていく』



のではなく、



『自分の現状に夢を合わせていく』



自分になっていることに気がつくはずです。



これは、



実際に紙に書いてみた人にしか分からないことだと思います。



沢山書けたから偉いとか、



少ししか書けなかったから駄目だとか、



そういうものではありません。



自分で自分を知ることに価値があります。



そして、



次に『達成時期』を書いてください。



3年後なのか、10年後なのか、30年後なのか?



大きな夢や目標はすぐには叶えることが難しくても、



時間をかければ叶えられることもあるはずです。



ゆっくり、将来の自分をイメージしながら、



いつごろ夢が叶うのか決めてください。



そして、



最後に『今の自分の状況』を書き出してみてください。



そうすると、



『夢・目標』−『今の自分』



=『夢・目標とのギャップ』



が分かるはずです。



それを埋めていく計画を立てるのが



まさに、



『ライフプラン(人生設計)』



なのです。









つづく































評判の書籍

第8の習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です


posted by SG予備学院 at 20:10 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

ライフプラン(5)

前回は、ちょっと余談で、



日本の財政状況についてお話しました。



本日は、



『ライフプラン(人生設計)』



を立てる意味についてです。



なぜ、



ライフプランを立てた方が良いのか?



考え方は色々あるかと思いますが、



まず、



ライフプランを立てることで、



『自分の人生に自分で責任を持つ』



という意識が芽生えるということです。



他人からの押し付けのライフプランや、



何となく周りに合わせたライフプランでは、



現状に満足いかない時に、



人のせいしてしまいたくなります。



例えば、



旅行をする時に、



「自分は夏休みに京都に行って竜安寺を観る!」



という計画を自分で立てていれば、



竜安寺が自分の期待はずれだったとしても、



「自分で決めたのだから仕方がない。」



と自己責任の意識で受け止められます。



そして、



「今度は、もっと調べてから観光先を決めよう!」



と反省や改善ができます。



しかし、



他人から、



「この夏は京都に行って竜安寺を観てきなさい!」



と決められた旅行計画だったり、



「夏休みはみんな京都の竜安寺にいくから私も行っておこうかな。」



など、自分でよく考えずに決めた旅行計画では、



竜安寺が自分の期待はずれだったときに、



「僕は別に竜安寺になんて行きたくなかった。」



「周りの人たちに騙された。」



など、



自分の責任として受け止めることが難しくなります。



旅行なら、また次があるからいいですが、



人生は1回きりです。



であれば、自分の望む人生のほうが良いのではないでしょうか?







つづく



























評判の書籍

第8の習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です


posted by SG予備学院 at 14:31 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

ライフプラン(4)

前回は、



多くの人がライフプランを立てない理由について話しました。



今日は、



少し余談ですが、



ある家庭の経済状態のお話をします。



その家庭の年収は380万円



でも、1年間の支出は920万円もあります。



当然、お金が足りないのでの、



440万円の借金をしました。



そして、借金の累積が1億円になってしまってます。



普通ならとっくに破産です。



もし、



みなさんがこの家庭の子供ならどうしますか?



「目の前のことに一所懸命取り組んでいれば大丈夫!」



と思いますか?



それとも、



「何とかしなくては!」



と思いますか?



鋭い人は既に気がついているかと思いますが、



これは他人事ではなく、



まさに、



私たちが置かれている現在の状況なのです。



そう、



ある家庭とは、



私たちの国、『日本』のことなです。



年間税収38兆円に対し、



年間支出が92兆円。



年間の借金が44兆円。



累積の負債額およそ1000兆円。



額が大きすぎてわかりにくいので、



家庭の経済規模に例えて話しましたが、



大変なことになっていますよね?



「国が何とかしてくれる。」



「誰かが何とかしてくれる。」



という考え方では危険ではありませんか?



そう、



だからこそ、



自分なりの『ライフプラン(人生設計)』



を真剣に考えた方がいいのではないでしょうか?































評判の書籍

第8の習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です

posted by SG予備学院 at 14:13 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。