2011年07月25日

調子が良いときこそ

『自己否定』いう考え方ができると、



さらに、良くなる可能性が高まります。



上手くいかないときというのは、



大抵の人は、



「自分の何が悪いのだろう?」



と自分の行動や考え方を疑いやすいので、



むしろ、



「自分はやればできる!」



と自己を肯定的に捉えることが



重要だったりします。



しかし、



順調にいっているとき、



多くの人は、



「今、順調だから。」



という理由で、



「これからも順調であり続けるだろう。」



と錯覚してしまいがちです。



これからも順調であり続けるために、



上手くいっているときこそ、



「今のままで、これからも通用するのか?」



「もっと良くなるためにはどうすればいいのか?」



という風に、



慢心せずに、



自己を否定的に捉えることも大切になります。



『栄枯必衰』



今の現状に驕ってしまうと、



足元をすくわれてしまうかも知れません。



一時的に、



得たい結果を得るのではなく、



得たい結果を得続けられる人になることの方が



価値があるのではないでしょうか?



調子が良く、



心の余裕があるときこと、



更なる飛躍のために、



『自己否定』



してみてください。

























評判の書籍

この国を出よ/大前研一×柳井正(著) 小学館





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です


posted by SG予備学院 at 21:48 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

ルール化

みなさんは、自分のルールって持っていますか?



受験勉強に限らず、



生活面でも、



人間関係の面でも、



部活動の面でも



何かしらルールを持っていますか?



なぜ、



ルールの話をするのかといいますと、



成功をしている人というのは、



それぞれ、自分なりのルールをしっかり持っていて、



そのルールを頑なに守り続けた結果、



成功しているからです。



ポイントは、



『自分で決めたルール』



だということです。



人からの受け売りや



押し付けではなく、



自分が納得するための



自分だけのルールです。



自分なりのルールを持って、



それを貫く人のことを、



『芯のある人』







『一貫性のある人』



というふうに呼ぶのでしょう。



ですから、



自分が得たい結果を得るために、



どんなルールを作ればいいか、



よく、考えてみましょう。



その時の注意点ですが、



ルールは、



複雑すぎたり、



難しすぎたりしてはダメです。



心掛ければ、



必ずできることをルール化してください。



例えば、



『毎日、朝6時に起きる。』



『授業は予習をして出席する。』



『習ったことはその日のうちに復習する』



『間違えた問題は、最低3回はやり直す』



など、



やろうと思えば誰でも出来ることを



ルール化して、



自分の中で当たり前にしてしまうのです。



だって、



ルールって基本的に誰でも守れるように作ってあるはずです。



ルールを破る人のほうが普通なら少数派のなずです。



心掛けさえすればできるが、



多くの人が当たり前に出来ていないことを



ルール化してみてください。



結局のところ、



大きなことを成し遂げている人の多くは、



他の人が疎かにしがちな小さなことを



大切にしている人だと思います。



どうか、



受験勉強を通して、



自分でルールを決め、



それを守れる人間を目指してください。



































評判の書籍

第8の習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です


posted by SG予備学院 at 16:38 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

ライフプラン(7)

みなさん、



実際に自分が思い描く、



自分の未来の姿を書き出してみましたか?



ぜひ、一度やってみてください。



例え大まかだとしても



『ライフプラン』



を描くことにより、



今自分がやるべきことや、



今自分がやっていることの意味を



確認する良いきっかけになるでしょう。



例えば、



今やっている勉強が



一見、将来の夢と直結しないように思えたとしても、



『ある一定期間、集中して学習する』



という経験が、



間接的に役に立つかもしれません。



どんな分野にいっても、



『集中して学習する』



という能力は大切なはずです。



「こんな勉強、社会出てたら使わないよな。」



と意味づけをせずに手を抜くこともできます。



同じ『受験勉強』でも、



その人がどのような意味を見出すかで、



受験勉強の価値が変わってくることでしょう。



他にも受験勉強で得られる



『強みを活かす』







『苦手を克服する』



などの経験も、



将来、応用できる大切な経験です。



『目標を立てる』



『自分の現状を直視する』



『目標との差を埋める行動計画を立てる』



『計画通り実行する』



『適時、行動計画を見直し修正する』



これらは、



まさに、



『ライフプラン』



を達成していくための、



予行練習見たいなものです。



今、自分がやっていることの価値をよく理解して、



最善を尽くしてみましょう。



もし、価値を見出せないことがあれば、



自分より経験がある人に相談してみるのもいいでしょう。



ただし、相談相手は、



自分が好きな人や、



自分の理想に近い人を選ぶことです。



ライフプランを描いた後は、



自分の行動を見つめなおし、



自分のなりたい自分に近づくために



頑張ってみましょう。

















































評判の書籍

第8の習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版





















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です


posted by SG予備学院 at 14:53 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。