2011年06月15日

常識とは

18歳までに身につけた偏見のコレクションである。



という言葉をみなさんは聞いたことはありますか?



これは、アルベルト・アインシュタインの有名な言葉です。



なぜ、この言葉を紹介したかといいますと、



実は、私たちは自分では気付いていませんが、



今までに身に付けてきた様々な偏見により、



物事をあるがままに見ることができなくなっている危険性があるのです。



そしてそのことにより、



自分自身の可能性を狭めてしまったり、



他人を誤解してしまうなどという、



人生における大きな損失を被っている人が沢山いるのです。



ここで常識のテストです。



みなさんが手紙などを出す郵便ポストの色って何色ですか?



「赤」



ですよね!



おそらく、小学生でも間違える人は少ないでしょう。



では、その常識を持ったままアメリカに行ったとしましょう。



そして、みなさんがアメリカで手紙を出そうとポストを探します。



きっと、見つからないと思います。



色々な人に、



「手紙を出したいのですが、ポストはどこですか?」



と聞けば、



みんな親切にポストがある場所を教えてくれるかもしれません。



しかし、そこへ行ってもポストはありません。



あるのはゴミ箱だけです。



他の人に聞いて、他のポストがある場所にいっても、



やはり、あるのはゴミ箱だけです。



そうなのです!



実は日本人にはゴミ箱にしか見えない青い箱が、



実はアメリカの郵便ポストなのです。



ポスト=赤



という偏見(日本での常識)のせいで、



アメリカのポストが目の前にあっても気付かないのです。



これと同じようなことが勉強でも起こっていませんか?



『東大に現役で合格するような人は頭の出来が違う』



『部活が忙しいから勉強ができないのは仕方がない』



『先生の教え方が悪いから成績が上がらない』



『塾予備校に通っているから大丈夫』



などなど、



自分が常識だと思っている偏見のせいで、



自分が志望校へ合格するために必要なことを見過ごしていませんか?



ポストは赤だと思っていて、青いポストに気付かなかった人のように。



ですから、



「自分は気付いていない偏見をたくさん持っている」



ということに気付いて、



今までとは別の視点からも考えてみましょう!



きっと今までとは違うものが見えてくるでしょう。































評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版









































SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 14:35 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

素直力

みなさんは、素直に人の話しを聞けるタイプですか?



人間って、自分では素直なつもりでいても、



意外に素直になりきれていなかったりします。



伸びる人とそうでない人の差も、



素直さの差だと言われているくらい、



素直に人の話を聞けることは重要な能力の一つです。



自分が素直かどうかを判断する一つの基準として、



既に知っていることや、



自分では分かっていると思うことを言われた時の態度で、



その人の素直さが分かります。



人は、困っているときや



藁にもすがりたい時は比較的人のアドバイスや注意に、



耳を傾けやすいと思います。



逆に、順調な時や調子が良いときは、



「大丈夫、ちゃんと分かっている!」



「そんなことは知っているし、今は問題ない!」



と人の話を素直に聞きにくいのではないでしょうか?



そんな時はよく考えてください。



なぜ、順調なのにアドバイスするのか?



なぜ、知っていることを何度も話すのか?



伸びる人はここまで考えた上で、



他人からのアドバイスや忠告を真っ白な気持ちで受け入れます。



伸び悩む人は、ここが分かっていないので、



調子が良いのに水を差された気分になったり、



知っていることを何度も言われると疎ましく感じてしまい、



素直に聞くことが難しくなってしまいます。



よく考えてみてください。



調子が良い時にアドバイスをくれるのは、



その調子の良さが一時的なもので終わらないためです。



一瞬だけ成績が良くても志望校合格は果たせません。



その先のことまで考えてくれているからあえて言ってくれるのです。



知っていることを何度も話すのは、



知っているだけで、実際にはちゃんと出来ていないからです。



「知る」だけなら誰でも話を聞けば知れます。



しかし、実際に「出来る」になっていなければ単なる知識に過ぎません。



ですから、調子が良い時や上手くいっている時に、



厳しいことや耳に痛いことを言ってくれる人を大切にしてください。



何度も同じ事を繰り返し教えてくれる人を大切にしてください。



むしろ、甘い言葉や同調ばかりの人の方が危険です。



そんな人は、調子が悪くなった時に、



手のひらを返したような対応に変わる事もしばしばです。



いつまでも成長し続けるために、



素直力を磨き続けていたいですね!































評判の書籍

成功の9ステップ/ジェイムス・スキナー(著) 幻冬舎

















SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 14:06 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

凡事徹底力

みなさんは『凡事徹底』という言葉を聞いたことはありますか?



『凡事徹底』とは、



『凡事』、つまり、



「ごくごく平凡に思えるような当たり前のこと」







『徹底』する



「中途半端ではなく一貫してやり抜くこと」



であります。



なぜ、この『凡事徹底』の話しをするのかといいますと、



あらゆる分野で一流と呼ばれる人や



目覚しい成果を上げている様々な人にその要因を聞くと、



「えっ、そんな特別なことをやっていたのですか?」



というような、



真新しい奇抜なことよりよも、



むしろ、



「えっ、それだけなんですか?」



と疑いたくなるような、



「誰でも出来る当たり前のこと」



を成功の要因に挙げること多いのです。



ただし、その徹底ぶりは半端ではありません。



よくよく聞いてみると、



「なるほど、そこまでやれば結果が出るのは当然ですね!」



という位、



『凡事徹底』をしています。



具体的には、



「時間がない」とは言わず「時間を作る努力をしている



例えば、朝早起きして勉強したり、



移動時間や休み時間などの隙間時間に勉強したり、



テレビを見る時間を削ったり、



などなど、



やろうと思えば誰でも出来ることを徹底してやり抜いてます。



他にも、



疑問が湧いたら、すぐに自分で調べてそのままにしない。



そして、分からなければ先生や友達などに聞いて解決する。



その日に習ったことは、その日のうちに復習する。



目標を書いて貼って、常に勉強する目的を見失わないようにする。



自分よりできる人からの指摘は素直に受け入れる。



規則正しい生活を心掛ける。



なるべく、声に出して覚える。



学校の授業もしっかり受ける。



などなど、



難しいことをやっているわけではないのです。



ですから、誰でも真似をしようと思えばできることばかりです。



難しいのは、それが習慣になるまで継続することだけです。



しかし、やっていることが難しいことではないので、



ちゃんと「何のためにやるのか?」という目的意識を持っていれば、



初めは小さな一歩でも、



それが偉大な力を持つようになっていきます。



自分必要な『凡事』とは何かをしっかり考え、



少しずつ積み重ねていきたいですね!





























評判の書籍

7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(著) キングベアー出版



























SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院 合格体験記

http://www.sg-school.com/pass_experience/pass_experience.html



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 18:44 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。