2011年04月30日

セルフイメージ(3)

前回からの続きですが、



みなさんがすでに持っているセルフイメージを変えるには?



というお話しです。



まず、セルフイメージというものは、



先天的に持っているものではなく、



私たちが生まれて、



今日に至るまでに作られたものです。



例えば、幼い頃に親から、



「お前はいつも優しい子だね。」



と、言われ続ければ、



「僕はいつも優しいんだ。」

「いつも優しいことが自分らしいんだ。」



というプラスなセルフイメージができあがります。



また、小学校の時に友達から、



「君って、すごくだらしないね!」



と、言われ続ければ、



「だらしないことが自分らしい。」



というマイナスなセルフイメージができあがります。



みなさんのセルフイメージを変えるためには、



まず、みなさん自身がどんなセルフイメージを持っているのか、



把握する必要があります。



そのために、みなさんが持っているセルフイメージを、



思いつくだけ紙に書き出してみてください。



全部書き出したら、



次に、自分の中で変えたいセルフイメージの横に×をつけてください。



×をつけたら、その隣に自分の望むセルフイメージを書いてください。



例えば、



×自分は物事が長続きしないタイプ→〇自分は物事を最後までやり遂げるタイプ



といった具合に、



自分の好きなように書き換えてください。



そして、書き換えた望ましいセルフイメージを朝晩声に出して自分に語りかけてください。



これは、『アファメーション(深層自己説得)』といって、



自分の深層心理に語りかける手法です。



さらに、周りの人(家族や友達)にも、



「お前は、何事も最後までやり遂げる子だもんな!」



「〇〇さんは、何事も最後までやり遂げるタイプだもんね!」



などのように協力してもらえるとさらに効果的でしょう。



初めは演技でもいいので、



新しいセルフイメージ通りの行動を意識してみてください。



また、『ビュジュアリゼーション』という、



絵や写真を使った手法も効果的です。



例えば、志望校の校門の前や、キャンパス内で自分の写真を撮り、



それを、机の前に貼ったり、手帳に張ったり、携帯の待受け画面にしたり、



常に目に入るよううにしておき、



「私は早稲田大学合格を目指して勉強している受験生だ!」



というセルフイメージを



「私は来年、早稲田大学の学生なので、そのために勉強している!」



という具合に、望ましいセルフイメージに変えていくことができます。



人間には、見たり、話したり、思ったりしたことを、



現実に引き寄せる力があるようです。



ただし、注意をしなければいけないことは、



「良いこと」も「悪いこと」も引き寄せるということです。



ですから、自分が見るもの、話すこと、思うことに注意を払いましょう。



要するに、正しい方法で努力を積み重ねれば、



なりたい自分になれるのです。



どうか、みなさん自身に望むセルフイメージを手に入れ、



みなさんにとっての最高の結果を手に入れましょう!















評判の書籍

メンタルマネージメント/ラニー・バッシャム(著) 星雲社





SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 14:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

セルフイメージ(2)

前回はセルフイメージの力についてお話しましたが、



みなさんは、どのようなセルフイメージを持っていますか?



みなさんは、日々一所懸命に練習(勉強)を積み重ねていると思います。



しかし、努力を継続しているにもかかわらず、



思うように結果につながっていないのであれば、



自分のセルフイメージを確認する必要があるかもしれません。



もし、



「自分は昔から数学は全くダメ!」



「私は暗記は苦手。」



「僕は現代文のセンスがない。」



などの、マイナスなセルフイメージを持っているのであれば、



無意識のうちに、



マイナスなセルフイメージの方向へ引っ張られていきます。



また、意識の上では、



「早稲田に行きたい」



と思っていても、



セルフイメージが



「正直、早稲田は高すぎるから、MARCHくらいが自分には合っているなぁ。」



だと、その方向に引っ張られていきます。



なぜなら、



人は自分らしくいることが一番心地良いので、



なかなかその殻を破ることができません。



日常生活でも、



「自分はキレイ好き」



というセルフイメージの人は、



一瞬、部屋が散らかっても、



しばらくすると、キレイな(心地よい)状態に戻るのです。



逆に、



「私は整理整頓が苦手。」



というセルフイメージの人は、



一瞬、部屋がキレイになっても、



しばらくすると、整理整頓されていない(心地よい)状態に戻るのです。



そのようなことって、心当たりありませんか?



では、



どのようにしてセルフイメージを変えていけばいいのでしょうか?







次回へつづく





















評判の書籍

メンタルマネージメント/ラニー・バッシャム(著) 星雲社







SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です



posted by SG予備学院 at 14:36 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

セルフイメージ(1)

みなさんは、『セルフイメージ』って聞いたことありますか?



簡単に言うと、



「自分が思い描く、自分らしさ」



のことです。



例えば、



「僕は本番に強いタイプだ!」



「私は物覚えがいい方だ!」



などの、



自分に対するイメージのことを、



『セルフイメージ』といいます。



今の例のように、



プラスなセルフイメージを持っているのであれば、



とても心強いのですが、



もし、マイナスなセルフイメージを持っているのであれば



要注意です。



こんな実話があります。



昔、オリンピックの選手で、



練習では世界一の実力があるのに、



本番のオリンピックではどうしても金メダルを取れない、



という選手がいました。



その人は、



実力は自分の方が上なのに、



金メダルを取る人と、自分の違いは何だろう?



と疑問を抱き、



実際に金メダルを取った人たちに会いに行き、



様々なことを尋ねたそうです。



彼はそこで、一つの共通点を発見しました。



金メダルを取った人たちは、



「金メダルこそ自分にふさわしい!」



と、当たり前のように信じていたのです。



練習では世界一の自分が金メダルを取れなかった原因は、



「金メダルこそ自分にふさわしい!」



という『セルフイメージ』が欠けていたことにその人は気付きました。



それからその人は、練習を積み重ねると共に、



『セルフイメージ』を作り上げることにも注力しました。



その結果、その人は次のオリンピックで、



見事、金メダルを獲得したのです。



とても素晴らしいことですよね!



そして、エピソードは受験にも応用できるのです。









次回へつづく。















評判の書籍

メンタルマネージメント/ラニー・バッシャム(著) 星雲社









SG予備学院

http://www.sg-school.com/



SG予備学院は個性に合わせて学べる総合予備学院です
posted by SG予備学院 at 14:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。