2011年03月24日

時間を意識していますか?

人間みな平等に与えられた、





1日24時間という時間。





身体能力や経済状態、家庭環境など多くのことが不平等な中、





時間だけは平等です。





受験においても、





人間関係においても、





その先のビジネスにおいても、





高い成果を出している人はほぼ全員、





『時間』というものを常に意識しているようです。





つまり、『時間』を意識して大切に使っているかどうかが、





成績、人間関係、ひいては経済状態にまで影響するということです。





受験を例に挙げると、





みなさんは、自分の受験日まで、





後何日残されているか把握していますか?





また、自分が志望校に合格するために必要な勉強時間がどのくらいで、





今から1日何時間ずつ勉強すればクリアできるのか、





しっかり把握していますか。





その時間を確保するために、





今の時間の使い方で、どこを変えれば良いか理解していますか?





という風に、ゴールから逆算した大雑把な時間だけでも、





しっかり考えて行動している人と、





何も考えず目の前のことに追われている人では、





大きな差が生まれるのは想像できますよね?





まずは、現在地から目的地へたどり着くのに必要な時間を計算し、





残り日数で割ってみて、





1日に進むべき距離を出してみましょう。





そうすると、





かなり難しいと思っていた志望校合格が意外と現実的に可能であったり、





まだ大丈夫と思っていたけど、今のままでは全然間に合わなかったり、





のように、実感が湧いてくるはずです。





そして、あとは計画を立てて実行するのみです。





この春休みを利用して、





『時間』をしっかり意識してみてください。









評判の書籍

レバレッジ時間術/本田直之 幻冬舎新書









SG予備学院

http://www.sg-school.com/





posted by SG予備学院 at 14:48 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

消化の負担

みなさんはご飯を食べた後って、





眠くなったりしません?





きっとほとんどの人が経験あると思います。





ご存知の人も多いと思いますが、





身体の活動において、





『消化』という活動は、





とてもエネルギーを必要とします。





ですから、部活で疲れ帰ってきて、





ご飯をお腹いっぱい食べたりすると、





とてつもない睡魔が襲ってくるわけです。





ですから、食後の睡魔を防ごうと思ったら、





消化の負担の少ないものを食べることをお薦めします。





例えば、おかゆ、うどん、豆腐、茶碗蒸し、りんご、バナナ、ヨーグルトなど。





それから、一般的には





『朝ごはんはしっかり食べると良い』





と言われていますが、





もし、寝不足でもないのに、





1時間目の授業から眠くなるという人であれば、





消化の負担軽減を考えて、





先ほど挙げたような消化の良い食べ物に変えてみるのも一つの手です。





人それぞれ体質などが違うので、





一概に何が良いとは言い切れませんが、





『消化』という活動はものすごくエネルギーが必要だというこを





頭の隅にでも入れておいてください。





そうすれば、昼ごはんを食べ過ぎて、





午後のテストで眠くなって本来の実力を発揮できない、





なんてことは防げるでしょう。





体調管理も重要な受験戦略の一つです。







評判の書籍

成功の9ステップ/ジェイムス・スキナー(著) 中経出版









SG予備学院

http://www.sg-school.com/
posted by SG予備学院 at 18:35 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

単純作業の捉え方

受験勉強で避けられないのが、





丸暗記や計算練習などの『単純作業』です。





次のステップに進むためには、





理屈抜きで覚えなくてはならないことも多々あります。





面倒だからと言ってそこで手を抜いてしまうと、





あとで大きなしっぺ返しを喰らうことになります。





とは言っても、丸暗記や計算練習などの単純作業は、





多くの人が退屈に感じていることでしょう。





では、『単純作業』をどのように捉えたらいいのでしょう?





ちなみに、みなさんもご存知の、





大リーガーのイチロー選手は、





小3から中3まで、毎日平均250球のボールを打ったそうです。





中3の時点でのべ60万球以上のボールを打ったことになります。





こうした下積みがイチロー選手の土台を作ったことは間違いでしょう。





しかし、この時イチロー選手が鍛えていたのは、





バッティング力だけでなく、





集中力だったそうです。





プレッシャーがかかる場面でもしっかり結果を出せる集中力は、





日々の単純作業に真剣に取り組むことで鍛えたそうです。





この考え方って受験勉強にもそのまま応用できますよね?





みなさんが、受験本番で実力を出し切るための集中力は、





実は、日々の『単純作業』をどこまで真剣に取り組めるかが、





大きく影響するということです。





『単純作業』だからといって疎かにするのではなく、





集中力を鍛えるトレーニングだと思って





真剣に取り組んでみてください。









☆評判の書籍☆

イチロー式 集中力 /児玉 光雄(著)  PHP文庫









SG予備学院

http://www.sg-school.com/
posted by SG予備学院 at 18:52 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。