2011年03月31日

スランプになったら?〜後編〜

昨日に引き続き、

スランプの克服方法をご紹介します。

【克服方法3】
『人と積極的に交流する』
スランプに陥って、
それを一人で抱え込んでしまう人もいます。
どうか、そんな時こそ
先生、先輩、友達、親など、
自分よりも人生経験が豊かな人に相談してみてください。
自分と同じ問題でスランプになった経験はなくても、
人生のなかで、同じような問題に遭遇し、
それを乗り越えてきた経験が聞けるかもしれません。
また、人間は他人に自分の状況を話すことによって、
自分自身を客観的に見つめ直せたり、
説明しながら、自分の状況を整理できたり、

あるいは、話しを聞いてもらえるだけで気持ちが楽になったり、

人と交流することで様々な効果が得られます。

【克服方法4】


『読書をする』
良い本を読むことで、その本の著者の人生を疑似体験できます。
また、本というツールを使えば、
日常生活では会うことが出来ないような、
偉大な人の考え方に触れられたり、
自分では思いもよらないような発想に巡り会えたり、
自分の問題を新たな角度から見るきっかけにもなります。
どうでしょうか?
4つの方法の中で、
自分に合いそうな方法はありましたか?
当然、他にも方法は沢山あります。
また、すでに自分だけのスランプ克服方法を持っている人もいるでしょう。
最も大切なことは、言い訳をして立ち止まらず、
問題解決のための努力を続けることだと思います。
もし、いつの日かスランプに陥ったら、
今回の話しを思い出してみてください。

評判の書籍
スランプに負けない勉強法/千葉博(著) フォレスト出版


SG予備学院


http://www.sg-school.com/
posted by SG予備学院 at 12:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

スランプになったら?〜前編〜

みなさんは勉強や部活などをしていて、





スランプを感じる時ってありますか?





頑張っても頑張ってもなかなか成果につながらないということは、





頑張っている人なら、誰にでもあることだと思います。





だからこそ、そこでどういう行動をとるかで、





ライバルたちとの差を拡げることもできます。





もし、スランプの克服方法が全く分からないというようでしたら、





ぜひ、参考にしてみてください。





【克服方法1】



『今まで通り行動を続ける』



スランプの時、考え込みすぎて行動力が鈍るというのは、あまり良い対処法ではありません。



普段同様に休憩や気分転換は必要ですが、スランプを言い訳にして、



必要以上に怠けてしまうと余計に悪い結果を生むことにもなりかねません。



勉強や部活でも、頑張っている内容によっては、



努力を始めてから結果が出るまでにタイムラグがあるものもあります。



もう少しで結果が出始めるのに、スランプだと思って途中で行動をやめてしまうことは、



とてももったいないですよね!





【克服方法2】



『自分以外の人のため頑張る』



スランプやモチベーションの低下の原因の一つに、



『自分の事ばかり考えている』



ということがあります。



「こんなに頑張っているのに自分はなんで結果がでないんだ!」



と自信を失ったり、被害者意識を持ってしまっていることもあります。



そんなときこそ発想を少し変えて、



勉強なら、



「頑張っている姿を見せて、親を喜ばせよう!」

「授業中積極的に発表して先生を喜ばせよう!」

「自分より勉強に困っている人に、自分にできるアドバイスをして役に立とう!」



など、誰かのために頑張っていると、



視野が広くなるので、自分の結果は以前ほどは気にならなくなるでしょう。



部活でも、



チームのため、応援してくれる親のため、後輩のため、



など、自分以外の誰かのためを思うと、



心が元気になることもあります。





もちろん、人それぞれスランプに陥っている背景が異なるでしょうから、





自分に合いそうな方法を実践すれば良いと思います。





明日は、克服方法の3と4をご紹介します。





それでは!







評判の書籍

スランプ克服の法則/岡本浩一(著) PHP新書





SG予備学院

http://www.sg-school.com/



posted by SG予備学院 at 13:48 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

ピンチはチャンス?

みなさんは、現在自分の能力を発揮しきって、





一番最高の自分でいる自覚はありますか?





「ハイ!今、一番最高の自分です!」





と答えられる人は、とても素晴らしいです。





恐らく多くの人は





「僕の力はこんなものじゃない!」



「私はもっと頑張れるはず!」





と、今以上の自分がいること自覚しているのではないでしょうか?





「今のままじゃ嫌だ」



「なんとか変えなきゃ」





と思っていても、誰しも現状から抜け出すことは難しいと思われます。





そんな時、





『ピンチ』





が自分を変えるきっかけになることも多いようです。





人間は「変わりたい欲求」と「変わりたくない欲求」との両方を持っているので、





ピンチになって「変わらざるを得ない状況」が訪れる





というのはある意味チャンスなのです。





もちろんピンチが来ないに越したことはありませんが、





「ピンチは自分を変えるチャンス!」





という心構えがあれば、





ピンチに動揺して何も出来ずに、





ただ落ち込むようなことは避けられるのではないでしょうか?





大きなこと成し遂げている人は、





そうでない人よりも大きなピンチを経験しているようです。





そして、そのピンチをチャンスに変えて成功しているのです。











評判の書籍

だから、あなたも生きぬいて/大平光代(著) 講談社文庫







SG予備学院

http://www.sg-school.com/
posted by SG予備学院 at 14:05 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。